無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

954
2019/04/03

第3話

いち ,





あの 体育祭 から 1年たった 。



今日から 2年生。









あの先輩の名前は 分からへんまま 。































あの時 名前聞いてたら …
って後悔しとるわ 笑










だってまだ あのハンカチ もってんねん もん 笑











それに少し あの先輩 気になっとるし 。























先生 『 これから 新年度の委員会決めをします。』









委員会 かぁ ~ …


なんでもええわ ←



















先生 『 (黒板に書いてる) 』



















?? 「 (肩をつつかれる) ㌧㌧ 」









『 え ??』










長尾 「 なぁ、 何にするん ??」




『 絶賛 迷い中 笑』




長尾 「 俺 入りたい所あるんやけど。」

「 同じにせぇへん ??」




『 あ ~ ええで、 なに?』




長尾 「 図書委員会 。 」





『 うえぇ、 いややわ (( 』




長尾 「 さっき いいよ 言うたやん、」

「 男に二言はない ってk…『あ ~ あ ~
あ ~ !!』」









『 わぁかった 、 わかった!』




長尾 「 やった、 ! 」

「 みっち~ 好きやで ~ 」 ←







『 う、 うん 、 ?? 』






















先生 『 図書委員会をk… 長尾「 はいはいは ~ い、!」 』





長尾 「 僕と ~ 道枝さんが やりま ~す!!」





『 やりま ~ す、』





先生 『 はい、 図書委員 決定 。』


















この時 長尾 が俺の事を
誘ってくれたから 。




























ありがと













長尾 、 俺も好きやで 。 ((








( やった、両思いやん ~ ♡♡ ((長尾






✄--------------✄




フォロー me !!

気になりさんは フォロバ しまふ ♡♡ ←






そして そして !!
正反対 も お願いします!!