無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話
ある日ほのぼのとしていた松野家に事件があった
おそ松
おそ松
おー?いちまっちゃんどこ行くのー?
一松
一松
別にどこも行かないけど…
ガラガラ
カラ松
カラ松
ただいま帰ったぜbrother
おそ松
おそ松
かーあいっ変わらずいってぇーwwwwww
一松
一松
ほんとクソ松だよね…
カラ松
カラ松
フッ酷いなbrother
おそ松
おそ松
どしたのいちまっちゃん?
一松
一松
いやなんでもない…
カラ松
カラ松
そう言えば一松お前に話があるんだ来てくれないか?
一松
一松
俺に話?ここで言えないの?
カラ松
カラ松
あぁここでは言えない話だ
おそ松
おそ松
(お兄ちゃんが気を利かしてやんよ(๑´罒`๑))あ!俺これから用事あったんだ〜ちょっくら行ってくるわ〜(〜 ̄▽ ̄)〜
カラ松
カラ松
(おそ松が気を利かしてくれたんだな(*'ω'))あぁ!気をつけてな!
一松
一松
(おそ松兄さん絶対なんか企んでるわ)んで話って何?
カラ松
カラ松
あっあぁその話なんだがなんて言おうとしたか忘れてしまってな
一松
一松
ふぅーん 思い出せないの?
カラ松
カラ松
ちょっと難しいようだ
一松
一松
ふーんんじゃ思い出せるまでいじめるから覚悟しとけ
カラ松
カラ松
ふぇ?!
一松
一松
何次男が情けない声出してんだよ
カラ松
カラ松
だって一松が急にそんなことゆうからっ!
一松
一松
駄目なの?言っちゃ
カラ松
カラ松
ダメじゃないが
一松
一松
ならいいじゃん
今からやるからちゃんと思い出せよ?
カラ松の運命やいかに?!