無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,902
2021/07/24

第6話

 5











、は?







_@u_
u
 やだよ、帰るよ 







そう呟くように言うと








_ @ _
 あ 







と言って目を大きく見開いた。











_ @ _
 あなた、いま、約束破った 






え、??






_@u_
u
 やくそ ___……    








言い終える前に、










ぐぅの顔が目の前にあって、視界が真っ黒になった、








代わりに、唇に小さな異変を感じた。









気づいたときにはもう、遅かった。








ゆっくり、唇が離れた。








もう1度、近づいてくる、ぐぅの顔。








私はそれを拒んで、







_ @ _
 あなた 、 
_@u_
u
 お、おやすみ 
_@u_
u
 かえる、 









私は逃げるようにしてその場を去った。
















next