無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,593
2021/07/26

第10話

 9









朝 ___









_@u_
u
 ……、がっ !? 







携帯を見てビビった …









_@u_
u
 うっそ、9:30⁉︎    





やばい、今日の撮影10:00からなのに










今から歩いて事務所行くと、30分はかかるし!!






急いで服を着替え、髪をヘアアイロンで巻き







軽くメイクして外に出ると






_@u_
u
 、っえ 








家の外に黒い車が停まっていた。











_ @ _
 、はよ 






ガーっと窓が開いてぐぅが顔を出した。










_ @ _
 乗れ、遅刻する 
_@u_
u
 あ、ありがと 





礼を言って助手席に座る。










運転中 、






5分程度、沈黙が続いた。






_ @ _
 昨日のさ …     





沈黙を破ったのは、ぐぅからだった。









_@u_
u
 その話、避けようとしてんのに、 
_@u_
u
 いいよ、気にしてないから 






そう言って、窓の外の景色を見る。









_ @ _
 ごめん 、 
_@u_
u
 許すから責任とってよ 
_ @ _
 責任? 
























_@u_
u
 私を照れさせた責任 








next