無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,845
2021/07/25

第8話

 7



















_@u_
u
 別に、キスされただけです 、 
_ @ _
 えぇー、だれに 
_@u_
u
 マネージャーです 





ぐしぐし、涙を拭って先輩に告げる








先輩は、4つ上で、若手俳優さん。









_ @ _
 うぉ、ふつーにえぐい 
_ @ _
 お前はどう思ったんよ 
_@u_
u
 はい? 
_ @ _
 そいつにキスされて 
_@u_
u
 え、なんでって 




















_ @ _
 んー、 







先輩はそのまま私の前から去ろうとする。










_@u_
u
 最後まで聞かないんですね 
_ @ _
 別に、興味が湧かんだけ 








なんでこんな人が先輩なんだろうか。













_ @ _
 うし、呑みに行くか 







さっき、呑んだわ








_@u_
u
 遠慮しときます 







私はベンチから立って家までの道を渡ろうとした。









公園をちょうど出ようとしたとき








_ @ _
 あなた 






ブランコに乗ってた先輩に呼び止められる。











_@u_
u
 はい 、? 













_ @ _
 付き合おうか 








♡×80 next