プリ小説

第36話

マネージャーの存在はでかい。
あなたside
私は今日言うって決めたんだ。
逃げちゃダメ。
あなた

玄樹、岸くん。
私の気持ちを聞いてください。

岩橋玄樹
岩橋玄樹
はい
岸優太
岸優太
はい...!
あなた

私は正直言って、2人のことは大好きです。

あなた

でも、2人が私に対する「好き」と私が2人に対しての「好き」は違うんだよね。

あなた

だから、2人には...

あなた

好きだから、特別扱いとかじゃなくてみんなと同じように接してほしい...です。

よし言えた。
私は自分の気持ちをやっと言うことができた。
でも「わかった」で済むと思っていた。
それは、勘違いにすぎなかった。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なんで...
あなた

...え?

岩橋玄樹
岩橋玄樹
なんで、ハグしたりしちゃいけないの...?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
嫌ならやめる...
でも、あなたは嫌がってなかったよね…?生意気だけど俺にはわかるよ。あなたがハグを嫌がってなかったこと。
岸優太
岸優太
俺も、バカだけどそのくらい分かる。嫌がってたら、すぐ離してたし...
あなたがなんで普通に接してほしいのか、話してほしい...
岸優太
岸優太
そうじゃないと、わからないから…
玄樹や岸くんから、そんな言葉がでるなんて思ってなかった。
あなた

だって...

あなた

無理してハグしてくれたり、してくれてるのかな...って思ったりしたから...

岩橋玄樹
岩橋玄樹
そんな訳ないじゃん!!
だって、あなたのことが好きだから、ハグしたり、キスしたりできるの!!
無理なんかしてる訳ない!!好きじゃなかったら、できないもん!!!
玄樹は泣いていた。
顔が涙でぐちゃぐちゃだった。
岸優太
岸優太
人のこと言えないけどさ...!!!
ばかっ!!あなたのばかっ...!!好きだから、あなたのことが大好きだから!!
なんとも思ってない人に、キスなんか出来るわけねーじゃん!!!バカやろぉ!!!
岸くんもだ。
みんな、泣いている。
とうとう私たちも、本音でぶつかり合える関係になったみたいだ。
なんだろう、この感じ...
すごく気持ちいい。
あなた

玄樹、岸くん...
よかったぁぁぁ!!!!!

私たちは抱き合って、泣きまくった。
ほんとによかった。
私なんかを好きになってくれてありがとう。
私も大好きだよ。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
あなたside
実はこのことについて、背中を押してくれたのは、廉だった。
これの3時間前...
永瀬廉
永瀬廉
1回、本音で言ってみたらいいんちゃう?
あなた

本音...?

永瀬廉
永瀬廉
うん、本音。
あなた

大丈夫かな?

永瀬廉
永瀬廉
大丈夫、あの2人なら絶対わかったくれるって!!
あなた

じゃあ、廉のこと信じるよ?

永瀬廉
永瀬廉
おう!!
行ってこい!
私は大きく頷いて、2人に話をした。
廉には感謝してる。
さっきは言えなかったけど、ありがとね。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
作者 🍑momo🌸
次は未定です

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍑 も も 🌸
🍑 も も 🌸
J K 1 S E K A I N O O W A R I ❤︎.* い わ は し げ ん き ❤︎.* き ょ う も と た い が ❤︎.* 好 き な も の っ て す べ て が 愛 し い よ ね 。 『🦄💙 』『👴🏻💙 』『🍌💖』『👑🖤🌠 』 E n d e r 同 盟 ぽ て こ 。 咲 良 あ い ち て る 。 な み ち ゃ ん お か え り 。 自 分 の ペ ー ス で 。 ず っ と 君 を 待 っ て る 。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る