無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

➹♡+

チリチリチリチリ
ジフナ
んっ、もう朝〜?
スニョン
ジフナ、
ジフナ
??!スニョン?!

びっくりしたああ
スニョンいるの忘れてた
スニョン
ありがと、気づいてくれて、、
ジフナ
いや、俺もすまなかった、

おおお、、なんと気まづい
ジフナ
な、なんか食べるか?
スニョン
いや、もう迷惑めっちゃかけちゃったから、
帰ります、ありがとジフナ
ジフナ

なんで、帰るんだよ
なんで、なんで、、
ジフナ
、、逃げんなよッッ
スニョン
え?
ジフナ
逃げんなっつてんだろ
スニョン
逃げてなんか、、
ジフナ
じゃあ帰んな
スニョン
でも、、ジフナに悪い、
ジフナ
そんなのいいから
それと、、俺に用あったんだろ
スニョン
、、じゃあ居させてもらう
ジフナ
ん、

何故、上からなんだ


ーー
スニョン
まず、、すいませんでした、
もう二度とあんなことしない
怖かっただろうし、、
嫌われても仕方ないけどっっ
どうかっ嫌いにはならないでッッッ
ジフナ
、、俺は元々お前が嫌い
スニョン
、えっ?
ジフナ
あういうことする奴だって、、
聞いてたし、それn
スニョン
は?そんなの誰に聞いたんだよ

ビクッ


スニョンが怒った
俺の方が怒りたい
そんなに知られたくないのかよ、、
ジフナ
、べ、別に誰だっていいだろ!!!
スニョン
っ、
スニョンの片方の眉が上がった
ジフナ
お前がしてたのには変わりねえし
それに俺は被害者だ
なんでお前が怒ってんだよ

次は俯いてしまった
スニョン
そんなに、、かよっっ
ジフナ
なんだ?

聞き取れなかった
スニョン
ジフナは!!俺の事そんなに
信じてないのかよ!!
ジフナ
っっあんなことしたお前を誰が信じれるかよっ
スニョン
ジフナは、、嘘をつかれてる
ジフナ
は?

なにが嘘だ
なんの嘘だ

俺はそういうの敏感なやつなんだ
スニョン
きっと、ジフナは女の人に
俺の事を聞かされているはずだ
ジフナ
?!

なんで知ってるんだ
誰が言った、、
スニョン
、、あいつの事なんか信じんなっ!
ジフナ
お前になんか言われる筋合いはねえっっ
スニョン
あいつは俺の元カノでっストーカーだ!!!!
ジフナ
っっ、ストーカー、?!

くそっっ、俺は、まんまと騙されていたようだ