無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

➹♡+
やっぱり、スニョンが俺のこと好きって信じられなくて
嘘だと思ってたけど、、


スニョンが直接伝えてくれて、涙が溢れた
スニョン
ジーフナっ
ジフナ
ぐすっ、んぅ??
スニョン
ふふっ♡かわいい

こんなにも涙でぐちゃぐちゃな顔を?
ジフナ
かわい、くなんかッッッ

さっきまで下げていた顔を
手で包まれてスニョンの方を向かされた











スニョン
、、綺麗

なんで、、そんな涙腺が崩壊するようなことを
簡単に言うの?


もっと俺を惚れさせてどうしたいの?
スニョン
綺麗だよ、ジフナ
ジフナ
嘘つきっっ
スニョン
ほんと、、涙がキラキラしてるもん
ジフナ
っ、俺に何させたいの!!
スニョン
んーー、、

ほんと、俺に何させたいんだ





































スニョン
俺に溺れて

思わずスニョンに胸に飛び込んだ
ジフナ
ばかっ、もうとっくに溺れてる
スニョン
ありがと

頭を撫でながら言ってくれる
ジフナ
お、俺の事っどう思ってる、、?

もう一度、嘘でもいいから聞かせてほしい




































スニョン
愛してるよ
ジフナ
俺もっ、スニョンのこと愛してるっ
スニョン
知ってる♡
ジフナ
ばかぁ、

今日は4/1だったりしますか?


こんな日が来るなんて思ってもみなかった


あれ、、言ってくれないのかな


両思いだと分かったら言うのあるよね?


もしかして俺が言え、な感じ?!