無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

〘 5 〙
どうしよう__























シルクが、いつもより怖い……
















優しくて笑うとクシャってなる目が














鋭い感じでキリッってなってる……
((語彙力ないかよ























???
あなたちゃん?行こっか。
あなた

えっ

腕を思いっきり引っ張られた。










痛い。痛い…





涙が溢れてきた。
なんで…






バシッ
何かを叩くような音が聞こえた。
シルク
シルク
やめろっつってんだろ
???
うっ…いてて
シルク
シルク
あなたは俺のものなんだよ
???
……俺の負けだ
シルク
シルク
男が逃げてんのか?笑
シルク
シルク
あんなに喧嘩売りやがって笑
先生
そこのあなた達ー何やってるの!
あなた

あっ……ごめんなさい!

???
チッ.
???は舌打ちをして、教室を出て行った。
シルク
シルク
はぁ…良かった。
あなた

…ありがとう

シルク
シルク
うん。早く帰ろ
そのとき、何かの記憶が蘇った。
あなた

うっ……

シルク
シルク
あなた?どうした?
あなた

な、なんでもない……

なんだろう。今の。
シルク
シルク
あ、これからああいう奴らには気をつけろよ。
シルク
シルク
チュッ___
あなた

え?

シルク
シルク
いひひw
あなた

もーw

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひよたらこ🐤👄
ひよたらこ🐤👄
Twitter━━━☞@Hiyori44335664 Instagram━━━☞hiyo.silk0826 語彙力ないです、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る