無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第7話

〘 6 〙
シルク
シルク
さっ行こか
あなた

うん(´;ω;`)

シルク
シルク
なんで泣いてるのw
あなた

怖かった(´;ω;`)

シルク
シルク
もう俺がいるから安心しな
シルク
シルク
ギュッ_
あなた

ありがとう…///

✂︎- - - - - - - -おうちついた- - - - - - - - - - -
シルク
シルク
あーっ!やっと着いた!
あなた

いろんなことありすぎたあ‪( ;ᯅ; )‬

シルク
シルク
毎日送り迎えしてやるよ!
あなた

ありがとう…

シルク
シルク
おれ、風呂入ってくる。
あなた

はやw

シルク
シルク
いいだろw








✄---------シルクさんお風呂タイム----------‐✄



シルク
シルク
うわ、マジかよ
シルク
シルク
あなたー!!
あなた

はーい?

シルク
シルク
シャンプーないんだけど(・ω・`)
あなた

うん。で?

シルク
シルク
買ってきて(上目遣い)
あなた

はいはいw






✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -







あなた

うわっめんどくせぇなw(本音)

タッタッタッ
あなた

ん?なんか足音が……気のせいか

タッタッ
誰かに追われてる…?
あなた

怖いから、急いで帰ろ

\(店員)ありがとうございましたー!/
あなた

なんとかシャンプー変えたからいっか

タッタッ
あなた

…え?

足音がずっと聞こえる。
あなた

誰かに追われてる…?

あなた

怖い…シルクに連絡しよ……

プルルルル__
あなた

なんで出ないの……泣

ずっとついてくる足音。
その瞬間_



















なにがあったのかおぼえていない

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ひよたらこ🐤👄
ひよたらこ🐤👄
Twitter━━━☞@Hiyori44335664 Instagram━━━☞hiyo.silk0826 語彙力ないです、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る