無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

161
2020/03/16

第3話


あなたside














そんなことがあってから何年かたって
私もちゃんと就職して働いている













































__________________












ある日の朝、仕事だるいなぁ~なんて思いながらテレビをつけると
なんか男の子6人のアイドルグループが写ってて
ジャニーズで4年ぶりのCDデビューやなんやら言ってて
あなた

えっ…


















































その6人に優太がいた
優太、アイドルだったの…ジャニーズだったの…
私優太の事知らなすぎるな…
何年も一緒にいたのに



























優太、、どうして隠してたの…?
あ、でもそっかアイドルって恋愛とか禁止なもんだもんね
私といるとこ撮られたりしたらまずいもんね
そうだよね









































あ、優太の中の私はその程度の存在だったんだ
すぐ離れられるような存在だったんだ
私は、私は優太が居なくなってからあんなに泣いてあんなに…
ってこんな事思っちゃだめか
きっとその〝デビュー〟は優太の夢だったんでしょ?
































































でも、
でも…
ちょっと、、


























悲しくなっちゃった