無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3🐱
あなたSide
あなた

樹、かっこよくなってたなぁ

樹が迎えに来てくれるのを店の外で待ちながらそんなことを考えていた
あなた

いつぶりだっけ

あなた

中3の15歳を最後に会ってないから……

あなた

7年ぶりか!

定員
あらっ、あなたちゃん。
とっくに上がってるんじゃなかったの?
あなた

あ、そうなんですけど笑

あなた

ちょっと待ち合わせをここでしてまして

定員
あっ、そうなの
定員
寒くない?
あなた

店にいても迷惑なので大丈夫です!

定員
あら、そう
定員
じゃあまた明日ね
あなた

はーい。お疲れ様です

大丈夫とは言ったものの実は寒い。結構寒い
樹の家、どんなだろ。
今所属してるTHE RAMPAGEっていうグループ最近人気らしいし
忙しいんだろうなぁ……