無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2🐱
5時過ぎに電話がかかってきた
藤原樹
もしもし
黒嵜〇〇
あ、あなたです!
藤原樹
仕事終わった?
黒嵜〇〇
今終わったよ〜
藤原樹
おっけ
藤原樹
どうする?
どっか食べ行く?それとも俺ん家くる?
黒嵜〇〇
そーだなぁ
なぜ俺は自分の家に来ると聞いたんだろ
黒嵜〇〇
猫飼ってるんだよね?
藤原樹
うん
黒嵜〇〇
じゃ樹の家行きたい!
藤原樹
じゃあ今から迎えに行く
黒嵜〇〇
え、来てくれるの?
藤原樹
分かんないでしょ
黒嵜〇〇
そうなんだけど
藤原樹
じゃ店の前で待ってて
黒嵜〇〇
おっけい