無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16🐱
家に帰って、掃除をしていると
藤原樹
なにこれ?
全然気づかなかったけど俺に見た事ない指輪が落ちていた
藤原樹
北人さんのかな、?
俺は写真を撮って北人さんに送った

樹『これ、北人さんのですか?』


すぐ既読がついて、返信がきた


北人「俺のじゃなーい、俺あんま付けないし」


そうだった、北人さん指輪あんまり付けないんだった



樹『ですよね、了解っす』
藤原樹
じゃあ……
藤原樹
あなたしか居ないか
てか普通指輪落としたら気づくくない?
連絡ないけど、まさか気づいてないとかないよな?
俺は一旦連絡



樹『この指輪あなたの?』




LINEをして、マースにご飯をあげて、今ハマってるあつ森をした






数分後……





あなた「それ私の!!」
藤原樹
ん?
藤原樹
なんだ、笑 やっぱあなたのか
樹『いつ渡せばいい?』
あなた「マースに会いに行きたいし、私が取りに行く!」
樹『また来るのかよ笑笑』
あなた「え、だめ??マースに会いたい」
樹『分かった分かった笑』『来ていいよ』
あなた「やった♪じゃあまた予定教えて!」
樹『了解』
藤原樹
マース、またアイツが会いに来るって
マース
マース
……
藤原樹
分かんないよな笑