無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20🐱
ピンポーン
藤原樹
誰だろ
朝早くから家のインターフォンが鳴った。
藤原樹
はーい
藤原樹
げっ、あなた…
黒嵜〇〇
やっほ~👋
黒嵜〇〇
来ちゃった♪
藤原樹
何しに来たん
黒嵜〇〇
え?マースに逢いに来た💗
黒嵜〇〇
今日、樹休みでしょ?
藤原樹
なんで知ってるん
黒嵜〇〇
え?北人くんに教えてもらった♪
藤原樹
え、連絡手段ないでしょ
黒嵜〇〇
え?なんか貰った
藤原樹
いつの間にそんな仲が深まっとん笑
黒嵜〇〇
まぁそんなことはいいから、
早くマース~♪
藤原樹
はいはい笑
どーぞ
黒嵜〇〇
お邪魔しま~す
.
マース
マース
ニャー
黒嵜〇〇
アハァ💗マースぅぅ❤
黒嵜〇〇
ね!なんか手振り下ろしてるよ!!
黒嵜〇〇
可愛い❤
藤原樹
あ、多分ご飯
黒嵜〇〇
あげたい
藤原樹
ん
黒嵜〇〇
マース〜、ごはんですよ〜
.
.
俺にとっては結構この時間が幸せ。

だって好きな人がそばに居るんだもん。
いずれかは気持ち伝えようかな…。

後悔するのは嫌だし。
北人さんの連絡先を知ったって事を聞いて

少し嫉妬したのは内緒🙊