無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9🐱
樹が家を出てから約1時間後……


あなたSide
あなた

( ̄□ヾ)ファ~……

んー、寝ちゃったか‪w
あなた

おはよ~寝ちゃってごめ……

あなた

あら?

マース
マース
ニャ~
あなた

お、マースおはよ〜

あなた

あ、手紙だ

.
.
.
あなた

ほほ~。勝手に作って食べよっか

今日仕事休みだし。なんか恩返しでもしとこっかな〜
私は朝ごはんを作って食べて、冷蔵庫にある材料でちょっとしたお菓子を作っていくことに
あなた

なにお菓子作ろっかな〜♪

人の家にも関わらず冷蔵庫をあさるあなた
あなた

よし、コレだけあれば作れるでしょう!



私はお菓子作りを開始し



樹へ
昨日はほんとに酔って寝ちゃってごめんね🙏🏼💦
記憶にはないけど樹がベッドまで運んでくれたのかな?
重かったでしょ。しかも樹どこで寝たか知らないけどベッド独り占めしてごめんね
このお菓子はお礼に冷蔵庫にあるもので勝手に作りました
お口に合えばいいけど🤔冷蔵庫勝手にあさっちゃってごめんなさい🙇🏻
鍵はまた今度返すね♪



あなたより
あなた

これでOK!

あなた

じゃ、マースまた会いに来るね❤

マース
マース
ニャ~
私は鍵をしめて樹の家を後にした