無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22🐱
黒嵜〇〇
えっ、?嘘でしょ、?
藤原樹
ほんと。俺はあなたがずっと好き
黒嵜〇〇
…
黒嵜〇〇
でも、ごめん。
黒嵜〇〇
私他に好きな人が居るの…。
藤原樹
そっか。
藤原樹
俺"他に好きな人がいる"って振られたようなものだからさ教えてよ。
好きな人
黒嵜〇〇
うん。教えてあげる。
黒嵜〇〇
私の好きな人はね…?
.


































バッ!!!
藤原樹
は!?
藤原樹
夢…か…。
黒嵜〇〇
どした?そんな勢いよく起きて。
しかもなんか"この世の終わり"
みたいな顔してたよ?笑笑
藤原樹
あ、あぁ。なんか変な夢見ただけ
藤原樹
ていうか、俺寝ちゃってた、?笑
黒嵜〇〇
うん。お酒飲みだしたら
疲れてるのかすぐ寝ちゃったよ
藤原樹
ごめん笑笑
黒嵜〇〇
いいよいいよ笑
黒嵜〇〇
あっ、ご飯また作ったんだ
黒嵜〇〇
勝手にキッチン使ってごめんね
藤原樹
何作ってくれたん
黒嵜〇〇
今日は〜…♪
黒嵜〇〇
回鍋肉♪
藤原樹
おっ、いいね。
最近食べてないわ
黒嵜〇〇
じゃあ温め直してくるね
藤原樹
ありがと



はぁ。夢だったか。
でも、あのまま続いてたら、誰を好きって

言ったんだろ…🤔
てもまぁ、とりあえず夢で良かった。、 


そろそろ現実でも伝えなきゃな…。