無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

279
2021/07/29

第12話

重岡大毅

次の日…



大毅からの連絡はなかった。



その次の日も…



何度も、メッセージを送ろうと思ったけど、



待つ事にした。



あの時の大毅の顔…



頭から離れないよ…



そして、3日後、



電話ではなくメッセージがくる。



“すぐに連絡できなくてごめん。とりあえず、大丈夫やねんけど、ネットで拡散されてしもて…しばらく活動休止やねん。落ち着いたらまた連絡します。あと、ジャスミンやけど、連絡取れへんねん。あなたからもしてくれるか?こんな事頼めるのお前しかおらんくて。この埋め合わせは必ずするわ。ほんまごめんな。”



ネットで拡散?



見ると、写真は3枚もあって。



その中の1枚はジャスミンの顔がはっきり写っていた。



コメント欄を見る。



ジャスミンの本名や勤め先、実家、学生の時の顔写真…



トランスジェンダーという事も、面白おかしく書かれてた。



その内容はあまりにも酷く、怖くて手が震えた。



すぐにジャスミンにメッセージを送る。



返信も、既読になる事もなかった。



とりあえず、東京へ行ってみよう…



由美に事情を話し、



直哉の連絡先を教えてもらう。



直哉ならジャスミンの住所、わかるかな。

直哉
直哉
はい…
あなた
もしもし直哉?あなただけど…
直哉
直哉
あなた!どした?
あなた
あのね…

事情を話すと、



すぐに住所を教えてくれた。
直哉
直哉
俺も行こうか?
あなた
ううん、大丈夫!
でも、なんかあったらお願いするかも。
直哉
直哉
わかった。じゃ、なんかあったらすぐ連絡な。気をつけてな。
あなた
うん!ありがと!行ってくる!

会社を早退した。



すぐにジャスミンの所へ行きたかった。



あの時はちょームカついたけど、



やっぱり心配だ。



あと、聞きたいこともあった。



大毅とどんな関係かって。



警戒心の強い大毅が、



あんな目立つ所で、



女の子と腕組むなんて、



考えられない。



東京駅に着いた。



夕方のちょうどラッシュの時間で。



たくさんの人たち。



東京の凄さを感じる…



京浜東北線…京浜東北線…



やっとの思いで探して乗り込む。



自宅と思われるマンションの前に着く。



部屋番号を押す。



ピンポーン!



………



出ない…



すると後ろから、

大毅のファン
大毅のファン
あの、もしかして、トランスジェンダーさんのお知り合いの方ですか?

と、2人組の女子高生。



すぐに大毅のファンだとわかる。



書き込みを見て、わざわざやってきたのだろう…

あなた
なんのようですか?
大毅のファン
大毅のファン
ここの人、部屋にいると思いますけど、出てきませんよ。
あなた
なんでわかるの?
大毅のファン
大毅のファン
消えたはずの電気がついたんで。ねぇ?笑
大毅のファン
大毅のファン
居留守使ってんじゃねーよって感じ。
あなた
知り合い?
大毅のファン
大毅のファン
知るわけないじゃん。
大毅のファン
大毅のファン
男のくせにシゲちゃんと腕なんか組んで。キモすぎ。迷惑かけんなってひと言言いたくて。

ぶん殴ってやりたいほどムカついたけど、



ここは冷静に…

あなた
重岡大毅のファンの方ですか?
大毅のファン
大毅のファン
そう!こいつのせいでシゲちゃんイベント欠席になっちゃって。
大毅のファン
大毅のファン
すっごい楽しみだったのにね。
全部こいつのせいだよ。

彼女たちの気持ちを聞いて、



怒るのも仕方がないのかなって、



複雑な気持ちなった。



でも、ここにいられるとジャスミンに会えない。

あなた
でも、家にまで来ることないんじゃない?
こんな事してたら通報されちゃうかも。
今日はもう遅いから帰った方がいいよ。
大毅のファン
大毅のファン
はぁっ?何言ってんの?お前が帰れよ!
あなた
こわっ!

すると、本当にグッドタイミングでお巡りさんが!
あなた
すいませーん!おまわりさーん!
大毅のファン
大毅のファン
ちっ!行こっ!

女子高生は行ってしまった。



お巡りさんがやってきて、



適当に道を聞く。



ふぅ…



もう一度、ジャスミンに送ったメッセージを見る。



まだ既読にならない。



こうなったら…



しばらくマンションの前にいて、



マンションの人の出入りを見計らって、



サッと入る。



ここまでくれば、あとは部屋まで行くのみ!



エレベーターで5階へ。



503…503…



あった!



ピンポーン!



出てくる気配がなし。



ポストの口を開け叫ぶ。

あなた
もしもーし!ジャスミーン!あなただよー!開けてー

すると中からバタバタバタバタっと音がして、



ガチャ…



扉が開く。
ジャスミン
ジャスミン
あんた!!なんでおんの!?
あなた
来ちゃった!!お家に入れて!