無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

280
2021/07/30

第20話

重岡大毅
うちのママ
ほら!寒いから入って入って。
あなた
ちょっと、ママ!
大毅
大毅
おじゃましまーす!あなたんち久しぶりやな。
うちのママ
大ちゃん、ご飯食べた?
大毅
大毅
まだです、お腹空いたわぁ〜。

そう言ってママとリビングへ。



私もその後を追う。
あなた
なんで?なんでいるの?
大毅
大毅
近くまで来たから。
あなた
うそ…
大毅
大毅
ええやん!
ほら、あなたも座って食べよーや!
あなた
私はさっき食べたし…
んーじゃ、プリンでも食べよっかなぁ〜。
大毅
大毅
太るで。
あなた
せっかく一緒になんか食べてあげよーと思ったのに!
うちのママ
ほんとほんと、油断してたらこれからブクブクくるわよー!大ちゃんは太ってる子は嫌よね〜。
大毅
大毅
あなたやったらええかな。
いただきますぅ。
うちのママ
あらま!
あなた
!?
うちのママ
よかったわね〜愛されてる〜
あなた
ママ…やめて…

お腹が空いていたのか、おかわりまでして。


大毅
大毅
あぁ〜おいしかったぁ〜!ごちそうさまでした!
うちのママ
お茶でも飲む?
大毅
大毅
いただきまーす!
あなた
持ってくから、大毅、私の部屋行ってて!
大毅
大毅
そうか…じゃ、行ってるで。

大毅は私の部屋へ。
うちのママ
よかったわね、大ちゃんに会えて。

てかさ、普通はさ、



今から行くよーとかあるでしょ!?



大毅のやつめ!



いつも驚かせやがって!



でも、すごく嬉しい…
あなた
はい、お茶どうぞ。
大毅
大毅
サンキュー!
あなた
で、急にどうしたの?
大毅
大毅
来ちゃあかん?
あなた
いや、そんな事ないけど…
大毅
大毅
びっくりした?
あなた
するでしょ!!
来るなら普通に来てくれる?
大毅
大毅
そんなんつまらんやん。
お前の驚く顔が見たいのに。
あなた
で、仕事は大丈夫なの?
大毅
大毅
大丈夫じゃないで。
あなた
はっ!?
大毅
大毅
なんか、会いたすぎてきてもうた。
あなた
………
大毅
大毅
やっぱあかんな。
好きすぎてもうてん。
あなた
ちょっ…何言ってんの!?
大毅
大毅
やから、俺から離れたらあかんで。
許さへんで。
あなた
………

返事ができない…



って、



あっ!!!



もしかして手紙読まれた!?



引出しに入れっぱなしだった…

あなた
大毅…もしかして…
大毅
大毅
どう?今のかっこよかったやろ?
あなた
えっ…
大毅
大毅
たまにはええやろ?こんなのも。
あなた
あっ、うん!もう!何??ビックリしたでしょ!こうゆうのは、たまににして!
でさ、スニーカーはどう?気に入った?かわいいでしょ?
大毅
大毅
ええなぁ!ほんまサンキューな。めちゃくちゃ嬉しかったで。
あなた
誕生日とクリスマスもかねて!
初プレゼントだね!
大毅
大毅
かねるんかい!
あなた
えへっ!
大毅
大毅
でも初じゃないで。
あなた
えっ?初めてだよ!
大毅
大毅
いや、2回目や。
あなた
私今まで大毅にプレゼントした事ないよ。
大毅
大毅
あるで、忘れてるだけや。
あなた
全然覚えてない…
大毅
大毅
あれはなぁ…家族で海に行った時や。4年生ん時。
あなた
海…行ったね!!なつかしー!
大毅
大毅
そやそや!思い出した?
そん時くれたんや。
あなた
えぇっ!!本当全然覚えてない!
大毅
大毅
うちに飾ってあったんやけどなぁ。
このシャンパンみたいに。
あなた
あっ…それね…持って帰って来ちゃった。
大毅
大毅
もったいないから飲めばええのに…
あなた
これはとっておくの。初めて2人でお祝いした誕生日の記念として。
大毅
大毅
そうなん?
これめちゃくちゃええやつなんやで。
あなた
いいの!それより、教えて!
大毅
大毅
やから、俺の部屋を思い出してや。
あなた
飾ってあった??てかさ、まだもってる事に驚きだよ!
大毅
大毅
初めてお前がくれたもんやからな。
あなた
大毅…私の事相当好きだね。
大毅
大毅
どこがえんやろなぁ?
あなた
………で、何あげたの、私!
大毅
大毅
それは教えへん。
あなた
なんで!?だめだめ!すごく気になる!
大毅
大毅
思い出しーや。俺は教えへんで!
あなた
最悪…思い出すまで寝れない…
大毅
大毅
じゃ、俺んち来て確かめるか?
あなた
行かない!って言いたいとこだけど…行きたいくらい気になる…
大毅
大毅
ギャハハハハ!
あなた
本当いじわる!!バカ!アホ!
大毅
大毅
絶対絶対教えへん!

すると下からママの声が。

うちのママ
あなたー!オレンジ切ったけど食べるー?
あなた
大毅食べる?
大毅
大毅
おう!
あなた
じゃ、持ってくる!
下へ取りに…
あなた
ねぇママ、4年生の時さ大毅と海行ったの覚えてる?
うちのママ
毎年行ってたからねぇ…
あなた
私、その時大毅になんかあげてた?
うちのママ
なんかって?
あなた
プレゼントみたいな。
うちのママ
いや…覚えてないわ…

オレンジを持って2階へ上がる。



私はもうプレゼントの事で頭がいっぱいで、
あなた
大毅、やっぱり思い出せない…よ…
大毅
大毅
なんやこれ…

手紙の事、すっかり忘れていた。

あなた
ちょっと勝手に見ないでよ!

手紙を取ろうとしても、返してくれない。

大毅
大毅
俺ら別れるんか?
あなた
………
大毅
大毅
なぁ…
あなた
………
大毅
大毅
別れたいんか?
あなた
………
大毅
大毅
俺は無理やで。
あなた
………
大毅
大毅
絶対無理や。
あなた
でもね、嫌なの…もし何かあった時…
大毅
大毅
お前、読んだやろ。
あなた
え?
大毅
大毅
俺がお前に書いた手紙、読んだやろ?
あなた
………
大毅
大毅
だからやろ?
あなた
ちがう…その前から思ってて…大毅の手紙読んだら、大毅も同じ気持ちだったんだなって。
大毅
大毅
なんで言わへんの?なんで読んだ時俺になんも言わんかったの?
あなた
あの時は、せっかく会えたし、楽しく過ごしたかったし…一緒にいたかったんだもん…
大毅
大毅
で、これは?なんですぐ渡さんかったん?
あなた
ツアーが終わったら渡そうって…
大毅
大毅
だからプレゼントは靴やったんか…
あなた
え?
大毅
大毅
この手紙、もらってええの?

私は黙って頷いた。

大毅
大毅
ええんやな。
あなた
うん…
大毅
大毅
わかった!
あなた
………
大毅
大毅
とりあえず、保留や。
あなた
えっ?
大毅
大毅
保留や、保留!帰る!

そう言って大毅は行ってしまった。



保留って…



でもいつかはこうなってた訳で。



それが早まっただけで。



『だからプレゼントは靴やったんか。』



大毅、知ってたんだね、



プレゼントの意味。



何気なく、



【プレゼント マフラー 意味】



で検索してみる。



『あなたに首ったけ』



なにそれ…



クスッと笑ってしまうけど、



ポタポタ落ちる涙は止まらなかった。



それから月日は流れて。



春、夏、秋が過ぎて。



保留宣言から、何も連絡がなくて。



私からもしなかった。



これでよかったんだ。



迎えるクリスマス。



未練たらしく、



もらったマフラーをしながら河原を歩いた。



大毅との思い出がある場所。



まだ大好きだ…



ベランダで撮った2人の写真。



幸せだったなぁ〜



大毅と過ごした時間は少なかったけど、



すごく幸せだった事は確かで。



あれから1年も経ってないのに、



すごく昔のことのように思える。



大毅、頑張ってるかな…



星がいっぱいの空を見上げながら、



私は大毅の幸せを願うんだ。