プリ小説

第8話

告白その2
(晴人が私を呼んでいる。早く起きなきゃ。)
晴人
ぃ…おい…ぁおい…あおい…!!
ん…。
晴人
碧!!
何が起こったの…?
晴人
お前、俺が告白してる時に倒れたんだよ。
えっ!?告白…?
晴人
あっ!🤭
晴人
覚えてないのか。じゃあ、今言う。
晴人
碧、俺はお前のことが好きだ。
え…。(泣)
晴人
なんで泣くんだよ。
だって私も晴人のこと好きなんだもん…。
これ…告白しようとして書いた手紙。
晴人
ま、マジか…///
照れすぎ〜(笑)///
晴人
お、お前だって。///
顔、真っ赤だぞ。
えっっ!!
嘘!?///
えっと…じゃあ、まあよろしく。
晴人
うん。でも、まずはお前は元気になれ。
うん。ありがとう。
碧&晴人 以外
ヒュー!!
おめでとう!(笑)
碧&晴人
ありがとう!
やっと付き合えた碧と晴人でした。
















でも、心から祝福していない人が1人…?
作者
最後まで見て頂き、ありがとうございました!
いいねとお気に入りを頂けたら、私もいいねとお気に入りをしに行きます!
欲が深くてすみません(>人<;)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

アオ
アオ
いつでもほぼネタ切れなのでリクエストやアドバイスなどを募集しています! あと、私センスないんで、こういう表紙画像がいいとかあったら教えてください(>人<;) よろしくお願いします!