無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

- twenty four -
✩.*˚



「お邪魔しマース」




岸くんたちの部屋に入ると、




もう既に集まっていたグループの皆。




私達は丸いテーブルを囲むようにして座る。




「何するの??」




私が声を上げると、




「はい待ってましたその質問!!!」




変なテンションの岸くん。




「この俺!こんなこともあろうかと




王様ゲームの割り箸持ってきましたぁあ!!」




え!王様ゲーム?!




それって男女がなんかこう…ねぇ??←




「おっ岸!さすが!!」




「いいねぇー!」




みんなは乗り気だし…




「じゃ!!始めますか!」




みたいです…

















「王様だーれだ!」




「あっ!私!!!」




なんと一発目の王様はまさかの私。




えぇー何にしようかなぁ




「じゃー1番と3番が変顔!!!」




そう言うと




「え、俺やーん」




永瀬くんと




「私?!」




亜美が当たりました、‪笑




「はい、じゃあせーの!」




すると2人の変顔が…




「っはははははは!!!!」




「ちょ、廉お前やばすぎ笑笑」




「亜美可愛いいい!」




大盛り上がりでした。笑







「王様だーれだっ」




2回目の王様ゲーム。当たったのは…




「はい!私!」




亜美でした。




なんかニヤニヤしてる…!




変な命令しないでよね?!




「じゃあ5番と6番がハグ!!!!」




え、




「ええええええええ!私?!」




私が当たりました…トホホ




「え!まじ?俺6番!」




当たったのは永瀬くん…




「いや、相手は彼氏持ちだぞ?」




「さすがに佐藤にシメられるわ」




「やめとけ永瀬、笑」




反対派の声が多く挙がってやめとこうみたいな空気が流れる。




彼氏パワーってすごいな、笑




「えーせっかく当たったのにぃー」




何故か残念そうにする永瀬くん。




「まーええわ」




そう言って割り箸を岸くんに戻す永瀬くん。




すると永瀬くんは




私にだけ聞こえる声でこう囁いた












「後でするから」













「へ?!!?!」

















神様のはずの永瀬くんは、






ちょっぴり、いや、かなり悪魔でした…



✩.*˚

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんか
りんか
SexyZone LOVERS 💍 健人くんとの恋が始まるよーー!!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る