無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

- thirty two -
✩.*˚



無事下山も終了し、遂に女子更衣室。




みんな華やかな雰囲気になるのかと思いきや




意中の男の子を堕とすために、




戦場のような雰囲気に包まれている。




私は亜美に着いてきてと言われて




一緒に更衣室の中へ。




まぁ私も一応、




ラッシュガードと防水の短パンみたいなのは持ってきたから、




それだけでも着ようかな。




横目でみんなの着替えを見ながら←昨日買ってきた日焼け止めを念入りに塗る。




ていうか私…




海、誰と遊ぶの?!




今頃になってそんなことに気がついた。




「亜美!海、誰と遊ぶの?!」




「え、わたし聡くんと…」




はい、終わりました。




「私、誰と遊べばいいのよぉおお!!!」




思ったよりも大きな声が出て




亜美に口を塞がれる。




「はる声でかい!!!




しかも、あんたには勝利くんが居るでしょ?




何を抜かしたこと言ってんのよ、」




「うっ、、、」




そういえば佐藤、誰と遊ぶのかな




でもきっと




そこら辺の女に囲まれて大忙しなんでしょーね!!




考えたらなんかイライラしてきた…




「もういい!!




私ひとりで皆のこと見てるもん!!!」




っていうか、、、




「亜美可愛すぎ!!!!」




いつの間にか着替え終わっていた亜美は




黒いシックなビキニ姿に変身していた。




やばい、




女の私が惚れるわ←




「亜美、聡くんを絶対射止めなさいよぉ!!」




「もー!分かってます、」




私は両手いっぱいに亜美を抱きしめる。




「離れて〜」




「フラれた!!ひどーい!」




「はるも勝利くんのことちゃんと誘いなよ??」










「…………それはー、分かんないけど」




うん、多分無理です。




「ま、とりあえず!行っちゃいますか!」




「レッツゴー!!!」



✩.*˚

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんか
りんか
SexyZone LOVERS 💍 健人くんとの恋が始まるよーー!!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る