無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

- twenty -
その声の聞こえた方に顔を向けると




カゴを持って商品棚の前に立つ健人の姿が。




「健人だぁ!




なに見てたの??」




健人に駆け寄って尋ねる。




すると






「お前を見てた」






なんて私の目をじっと見る健人




「もうっ!からかわないでよ!!!」




私は健人の腕をバシッと叩く




「っはっは、笑」




ケラケラ笑う健人




もう…健人まで私のことバカにして…




心臓に悪い…




「はるは?何買いに来たの?」




切り替え早っ←




「日焼け止め」




「あ〜!俺も買わなきゃじゃん」




いやお前はアイドルかって()




そのツッコミは心の中にしまって、



2人で日焼け止めコーナーのとこに向かう途中、




「ねぇはる、約束覚えてる?」




「約束?」




私、約束なんてしてたっけ?




「あーもう!忘れてると思った!」




そう言って足を止める健人




「自、由、時、間!!!




俺と一緒に回るんでしょ」




「あ、、、」




完全に忘れてた…



そういえばそんなことになってたな←




「…はぁ、




楽しみにしてたのは俺だけか」




なんて肩を落とす健人。




「な!そんなことない!




私も楽しみだもん!!!!」




落ち込む健人を必死に励ます。




健人って意外と子供っぽいとこあるんだよね、笑









「じゃあ、













その時間だけは、















彼氏のこと忘れて、俺だけ見ててよ」











悲しそうなその瞳に、



















私は頷くしかなかった。



✩.*˚

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんか
りんか
SexyZone LOVERS 💍 健人くんとの恋が始まるよーー!!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る