無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ときめき
髙橋くんの言動に、ときめき始めちゃってる今日このごろ。
~放課後 帰り道にて~
畑沢未央
ねぇねぇ樹奈ぁ
もしかして、髙橋くんのこと気になってない?
川崎樹奈
ふぇっ?
ん?バレてる?
畑沢未央
うっひょ!図星かぁー笑笑
川崎樹奈
いやいや、そんなこと…ねぇ〜
ううん、いやんなわけ…ねぇ〜
ゴンッ!
電柱にぶつかったみたいである。
畑沢未央
ぶっはっ!ちょっと樹奈ぁー!
…終わった
川崎樹奈
うん、まぁまだよくわかんないわ
畑沢未央
そっか、まぁ徐々にね自覚していくだろうしね笑笑
川崎樹奈
うーん…
~家にて~
川崎樹奈
おぉーすべて未央にはお見通しだったかぁ…
んーちょっと悔しいですねぇ、うん
川崎樹奈
でも○○が××だから@☆#で…
お母さん
ちょっと樹奈ぁー?うるさーい!
なに1人でブツブツしゃべってんのよー!
あ、しまった!
川崎樹奈
んーごめんー!
ちょっと考え事してたわー
お母さん
あ、そう?
川崎樹奈
うーん…おやすみー!
お母さん
おやすみなさい
うーんどうしましょ!
これはすべて髙橋くんのせいである!
いいかげん私の頭ん中からバイバイしていただきたいわなんて思ってる
のんきな樹奈であった。