無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

はじまり
~放課後 教室にて~
遠田先生
えーとりあえず改めて、
髙橋、川崎1年間よろしくな。
えっといきなりだけど放課後学年委員会あるんでよろしくー
うわぁまじか…
一日目だし未央と帰ろうと思ってたのに…
髙橋海人
りょーかいです
川崎樹奈
…わかりました
遠田先生
じゃ、あとよろしくー
髙橋海人
えと、よろしく。
てか担任テキトーすぎね?
川崎樹奈
よろしくねー!
うん、ほんとだよねー 結構イラつくわー笑笑
髙橋海人
まぁしょーがねーか
川崎樹奈
そうだね   とりまがんばろー
髙橋海人
川崎って中学校どこ?
川崎樹奈
澄原南だよー
髙橋くんは?
髙橋海人
俺は高崎中
川崎樹奈
そうなんだー!
そこってダンス部有名だよね?
髙橋海人
うん。まぁ一応俺もダンス部
川崎樹奈
あ、そうだったんだ!
じゃあ高校でも?
髙橋海人
そのつもり。川崎は?
川崎樹奈
私は中学からチアやってるんだー
高校でもつづけるよー!
髙橋海人
そっか。
そこへ未央が入ってきた
畑沢未央
ちょっと樹奈ぁ?早く帰ろーよ!
川崎樹奈
ごめん未央… 今から学年委員会あるっぽくて
畑沢未央
マジで?せっかく一緒に帰ろーと思ったのに…
川崎樹奈
ほんとにごめん!明日は必ず!
先帰ってて!
畑沢未央
…分かったよー泣  明日は必ずね!
川崎樹奈
うん、バイバイ!
畑沢未央
じゃーね
未央が教室から出ていった
髙橋海人
川崎って、畑沢と同中だったの?
川崎樹奈
うんそうだよー!
髙橋海人
へぇー
あ、そろそろ始まるっぽい
川崎樹奈
ほんとだ!行こっか!
まだこのときの私は、
自分の気持ちに気づいていなかった。