無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ときめき
担任の無茶苦茶にもやっと慣れて、髙橋くんとも距離が近づいてきた今日このごろ。
~体育祭 話し合い~
遠田先生
えと、1ヶ月後に体育祭がありまーす。
なんで、学級委員の2人を中心に出場種目を話し合ってくださーい
あれ?それって体育祭実行委員がやることじゃないの?
畑沢未央
せんせー!それって体育祭実行委員がやることじゃないんですかー?
てか、実行委員きめないんですかぁ?
遠田先生
えと、決めるのめんどくさいんで
学級委員の2人をそのまま実行委員にしときましたー
…ふざけんな笑笑
遠田先生
んじゃそゆことでー
髙橋ー川崎ーあとよろしくー
髙橋海人
…うっす
私と髙橋くんはしぶしぶ前に出た。
川崎樹奈
…えっと種目はこの通りでーす
出場したいやつに名前書いてってくださーい
みんなそれぞれ黒板に名前を書く。
畑沢未央
樹奈ー!ペア障害物レース一緒に出よー
川崎樹奈
いいよ!
クラス全員が名前を書き終わった。
残っていた枠は…
髙橋海人
えっと、ラブラブリレー出たいペアいない?
田中さん
…むり
佐藤さん
…んじゃぁさー学級委員の2人でいんじゃね?
は?
田中さん
んだねー誰もいないしねー
遠田先生
よーしそこは2人が責任持って出場しろー
…終わった
~放課後 教室にて~
畑沢未央
笑笑 うん。こりゃしょーがないねぇー
髙橋海人
…いやまじ担任ふざけてる。
川崎樹奈
ほんと。いや意味分からんし
畑沢未央
まぁまぁ〜付き合えって言われてるんじゃないしー?
種目として楽しんでみたらー?
髙橋海人
まぁ…川崎がいいなら
もぉー…いや別に髙橋くんが嫌なんじゃなくて
ただただはずい。
川崎樹奈
…わかった。
畑沢未央
よーし じゃおふたりさん、がんばってねー!
学級委員を引き受けてしまった後悔と、
ほんのちょっとのわくわく。 …ん?
もしや私、わくわくしてるー?