無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

804
2021/09/04

第13話

卵 が ゆ .
健人side






健人「じゃぁ俺お粥作るから菊池ベッドで寝てて」




風磨「やだ」




健人「いやなの?なんで?笑」




風磨「寂しい」




熱のせいか菊池めっちゃ可愛いんだけど…




健人「寂しいの?んー、ならソファ座ってな」




風磨「ん」




よし、冷蔵庫見たら材料揃ってるみたいだし




俺の得意な卵がゆ作ってあげよ!




🥚🍚🍲




湯気が立ち上るふわふわの卵とご飯




アクセントのネギと生姜




我ながら上手くできたんじゃない?




健人「出来たよ!」




風磨「…」




健人「菊池?」




健人「もう〜寝るならベッド行きなよ笑」




健人「仕方ないから運んであげる、」




菊池は昔から手が焼ける弟みたいな存在




なんか昔もこうやって菊池が熱出して俺が看病したような…




健人「早く熱下がったらいいね、」




俺は菊池が起きる前に近くのスーパーに




スポーツドリンクと熱さまシートを買いに行った




風磨side




風磨「んぅ…」




俺、ベッドで寝たっけ?




中島がお粥作るのソファーで待ってたよな、




あ、寝ちゃって運んでくれたのか…




絶対俺重かったじゃん




風磨「中島ぁ、」




中島の名前を呼びながらリビングに行っても




そこには湯気が立ち上る卵がゆが置いてあるだけ




風磨「帰っちゃったんだ…」




別に看病してなんて頼んでないし中島も忙しいから




帰って当然なんだけど、なんか寂しい




風磨「中島ぁ…」




意味もなく中島の名前を呼んだ時、




玄関が開く音がした











┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
もう1つの垢で初めてのBL書いてるそうです💁🏼‍♀️💁🏼‍♀️




一応腐じゃないです💧




リンク先コメ欄に貼ってますので是非♡