無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

93
2021/04/24

第10話

10
                              10

side濵ちゃん

照史の携帯から聞こえた流星の声、あれは、間違えなく弱っていた。


~病院~

夜遅いから、外来の方に行った。

「流星の部屋に行かせてください」って

お願いしてもダメって言われて、もう俺

らのプライドなんかどうにでもなれ!

と思って俺は土下座をしてお願いした。
受付の人
受付の人
わ、わかりました!
じゃあ、行ってください!
ジャニーズWEST
ジャニーズWEST
流星以外

ありがとうございます!!!
俺らは廊下を走った。何人かの医者の人に止められたけど、それを無視して何も考えずにひたすら走った。
濵田崇裕
濵田崇裕
ガラッ

流星!!
藤井流星
藤井流星
濵ちゃん…グズン
小瀧望
小瀧望
流星、どうしたん?
藤井流星
藤井流星
みんな、グズッ1回座って?
全員座った後、流星が話し始めた
藤井流星
藤井流星
おれな?肺炎じゃなかった
ジャニーズWEST
ジャニーズWEST
流星以外

………は?
濵田崇裕
濵田崇裕
じゃあ病気じゃn!
濵田崇裕
濵田崇裕
…ごめん、
藤井流星
藤井流星
ううん大丈夫
一瞬俺が思った「流星は病気じゃなかった」という俺の考えは、甘かった。
いや、甘すぎた。
藤井流星
藤井流星
俺な、、?
「末期がん」やってん
中間淳太
中間淳太
それ…って
ヤバいやつちゃうん?
藤井流星
藤井流星
うん…余命6ヶ月、らしい
う、そやん…
重岡大毅
重岡大毅
(泣きながら)
り、流星?嘘、やんな?
side ×
流星はその時、悔しそうに下唇を噛んで下を向いた
藤井流星
藤井流星
ごめんな?シゲ、嘘じゃない
流星はそう言いながら自分の肩に乗っているシゲの手をゆっくりと下ろした
桐山照史
桐山照史
その病気、治るやんな?(苦笑)
神山智洋
神山智洋
そ、そうやな!
小瀧望
小瀧望
な、治るなら、、
藤井流星
藤井流星
ごめん、
濵田崇裕
濵田崇裕
流星?嘘やんな?
流星は、濵ちゃんの言葉に思わず下を向いた
濵田崇裕
濵田崇裕
なぁ流星!嘘って言ってや!
流星の肩を揺らしながらそう言う
藤井流星
藤井流星
俺も!俺も嘘って言いたいよ!グズッ
でもこれが事実やねん。現実やねん。
中間淳太
中間淳太
ッッ!!!なんで流星やねん!
中間淳太
中間淳太
グズッここまで諦めずにめげずに頑張ってきたのに!グズンなんで神様は俺らの味方してくれんのかな?
重岡大毅
重岡大毅
あと6ヶ月しか生きられへんの?
桐山照史
桐山照史
え?…
どういう事?
重岡大毅
重岡大毅
ほら!もしかしたら、楽しい事してたら、長く生きられるかもしれへんやん!

だから、残りの時間、笑って過ごそうや!
神山智洋
神山智洋
そうやな!それが俺らや!
藤井流星
藤井流星
ホンマやなニコッ
小瀧望
小瀧望
おう!
濵田崇裕
濵田崇裕
シゲの言う通りや!
中間淳太
中間淳太
ホンマやな!
桐山照史
桐山照史
俺らには笑顔が1番や!
重岡大毅
重岡大毅
だから流星、これからの生活、頑張ろうな!
藤井流星
藤井流星
おう!
藤井流星
藤井流星
みんな、ありがとう!グズッ
next