無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2021/03/30

第4話

3
           3
sideはまちゃん


流星が床に倒れ込んで血を吐き出した。

今、シゲが呼んできてくれたナースさん

が流星をストレッチャーに乗せて

どこかへ行っている。
~5分後~
お医者さん
お医者さん
今は、薬を飲ませているので問題ありませんが、もしまたさっきみたいなことがおきたら呼んでください。
重岡大毅
重岡大毅
はい。分かりました。
ありがとうございます。
スタッフさん
スタッフさん
では、失礼します。
小瀧望
小瀧望
なぁ、流星、病気じゃないよね?
濵田崇裕
濵田崇裕
望今は、流星のことを信じるんや。
小瀧望
小瀧望
うん。わかった
その後は俺たちも帰ってねた。その後の

記憶はほとんどなかった…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ごめんなさい!短いです!