無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

お酒🍶
ジミン
ジミン
んふふっ//
すると急にキスをしてきた、
チュニ
チュニ
ヒョン?!//
チュニ
チュニ
んっ//
チュニ
チュニ
だめですって//
ジミン
ジミン
もう我慢出来ない
我慢??え?
チュニ
チュニ
ヒョン?!酔いすぎですって!!
ジミン
ジミン
酔ってないよぉ
そしたらヒョンが俺の服の下に手を入れてきた
チュニ
チュニ
ふぇっ//
すると俺のソコを触られて、ゆっくり撫でられる、おかしくなりそうだ
チュニ
チュニ
んぁっ//いやっ///
ジミン
ジミン
嫌ってゆってる割には腰動かして大きい声だしちゃってんじゃん?
チュニ
チュニ
ちがっ//
今度はズボンとパンツをおろされて、されるがままで止められない
チュニ
チュニ
ふぁっ//んっ//あっ//
俺の大きくなったモノを上下にゆっくり動かされて、
チュニ
チュニ
イクッ//あぁっ
ジミン
ジミン
こんなんでイッちゃうの?ダメだよ?我慢してねㅋ
するとキスがもっと濃厚になって、あと少しで出そうで、我慢できなさそうで、
するとヒョンの手が止まって、
チュニ
チュニ
イャっ//
ジミン
ジミン
まだイッちゃだめだからね
チュニ
チュニ
いじわるしないで下さいㅠ
ジミン
ジミン
ごめんごめんㅋ次はちゃんとイかしてあげるね?
イきたかったのにイけなくて、スッキリしない
ジミン
ジミン
俺の手でイかしてあげる
さっきよりもっと早く擦られて、死んじゃいそうだった
ジミン
ジミン
俺がいいってゆうまでイッちゃだからね
チュニ
チュニ
んぁっ//あっ//んっ//らめぇ////
キスされながらで、ほんとに我慢出来ない、
チュニ
チュニ
ジミン先輩//イっていいですか?
涙目で訴えても、
ジミン
ジミン
だめだよ?イッちゃったらお仕置きだかんね?
でも、ほんとに我慢できなくて、そのままヒョンの手に出してしまった
ジミン
ジミン
あーあ、我慢できなかった?
恥ずかしくて恥ずかしくて、今すぐ帰りたかった
ジミン
ジミン
お仕置きしてもらいたかったの?
チュニ
チュニ
違います//
ジミン
ジミン
いいよ、もう一回イかしてあげる
すると腰を持たれて大きいモノが入ってきた、
チュニ
チュニ
いっ、//
大きくて、少し痛かった
ジミン
ジミン
痛い?我慢してね?
するとゆっくり動かされる
俺の精液をローション代わりにして、
チュニ
チュニ
うッ//ヒャっ///
だんだん早くなっていくのがわかって、
お腹が暖かくなった
それと同時に俺もいってしまった
ジミン
ジミン
拭かないと、あ、お風呂はいるよね、使っていいよ
チュニ
チュニ
あ、ありがとうございます
そう言ってシャワーを浴びていると
チュニ
チュニ
ヒョン?!
ジミン
ジミン
一緒に入ろ?
チュニ
チュニ
は、はい//
ジミン
ジミン
洗ってあげる
そう言われて体を洗われる、それだけなのに体がビクビクしてしまう
ジミン
ジミン
何ビクビクしてんの?まだ足りない?
チュニ
チュニ
違いますッ//
そして湯船に浸かるけど、ヒョンと向かい合って座って、距離がめっちゃ近い
ジミン
ジミン
立って?
チュニ
チュニ
は、はい
ジミン
ジミン
おいで
そう言ってヒョンの膝の上に座らされた
チュニ
チュニ
ヒョン?!
またその大きいモノが入ってきた
ジミン
ジミン
物足りなさそうだったから、ㅋㅋ
グチュグチュと音がして、恥ずかしすぎる
チュニ
チュニ
ふぁっッ//
さっきイッたばかりなのに、もういってしまいそうだ
今度は壁に手をついてバックで攻められる
奥に来るたび、イきそうになる、
チュニ
チュニ
んっ//んっぅ
チュニ
チュニ
いくぅぅぅっ!
また同時にイッてしまった
今度はホントに恥ずかしくて、帰りますと言って帰ってしまった