無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
340
2019/08/24

第5話

始まりは。
あなたside
私が強火神山担になったのはいつだろう。
そう、それは去年の夏。
お兄ちゃんの仕事についていった時だった。
初めてお兄ちゃんの仕事についていって。
重岡大毅
重岡大毅
あー!淳太の妹?あなたって言うんやぁ。

淳太とは違って唇腫れてへんのやな笑
初対面なのに仲良くしてくれたしげ。
藤井流星
藤井流星
淳太の妹ー?よろしく〜
マイペースだけど気が合いそうだな、って初対面ながらに思った流星。
でもそんな人達の中でもずば抜けてタイプな人がいた。
部屋の端でスマホをいじるその横顔は美しく、ちょうどいい肉付き。
その人から発されているほのぼのとした雰囲気に私は飲み込まれていた。
神山智洋
神山智洋
ん?どしたん?
スマホから顔を上げ私の顔を見ながらそう言う彼に恋に落ちた。