無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第11話

神尾です。
あなたside
毎週恒例スカッとジャパンタイム!
今日はどんなお話が見れるのかな♪
そう思った時、
画面に映る【神尾晋一郎】の文字。
あなた

晋ちゃああああああああぁぁぁん!?

晋一郎
なにー?
あなた

テレビ!!テレビ!!

晋一郎
あは、言ってなかったっけ?笑
あなた

聞いてない!

晋一郎
ごめんごめん笑
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
やっと晋ちゃんの番……
あなた

どきどき……

晋一郎
やめてよ〜
そしてテレビに映る晋ちゃん。
コック姿の晋ちゃんは想像以上の破壊力だった。
あなた

はあああああああああぁぁぁ⤴︎ ⤴︎

あなた

かあっこいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!

晋一郎
うるさ〜い笑
あなた

だって、見て!!

あなた

ああああああああぁぁぁ⤴︎⤴︎
晋ちゃん笑ったああああ!!
かわいいいいいいいいいい!!!

晋一郎
何?惚れた?
あなた

惚れた!

晋一郎
結婚しちゃう?笑
あなた

しちゃう!!!!!

晋一郎
これが兄妹じゃなければ結婚したんだけどね〜
あなた

あー!!
兄妹じゃなければいいのにい!!

晋一郎
まあまあ、妹の特権もあるって事で笑
あなた

うん……

晋一郎
はは笑おいで?
そう言って手を広げる晋ちゃん。
そして私は迷わず腕の中に飛び込む。
あなた

晋ちゃあああん!

あなた

好き〜!!

晋一郎
ハイハイ笑
あいかわらずいい匂い。
晋ちゃんには結婚して欲しくないなあ〜