無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

江口です。
拓也side
拓也
やだ、カレー!
え?何の話かって?今日の晩飯の話だよ。俺はカレーがいいんだけどあなたは飽きたんだって。理解し難いわー
あなた

昨日もカレーだったじゃん!

あなた

毎週のようにカレー食ってたらさすがに飽きるよ!

拓也
2日目のカレーって美味しいって言うじゃん?
あなた

それはそうだけど、、毎週毎週美味しいカレー食ってたらありがたみが無くなっちゃうじゃん?

ご飯全体のありがたみなら分かる、でもカレー単体のありがたみって何?
ハッここで俺は天才的な意見を思いついた
拓也
あ、わかった!どっちも食べよ!
あなた

え?

拓也
だから、あなたはあなたの食べたいもの、俺はカレー食べればいいじゃん!
あなた

待って天才?

拓也
ψ(`∇´)ψフハハハ
もっと褒めても良いのだぞ
あなた

拓兄天才!イケメン!高身長!カレーの妖精!

なんか1個混ざってた気がするけど気にしない気にしない!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

どうですか、今月3回目のカレーは

拓也
最高!
あなた

そう、なら良かった

全く俺の意見を否定しないのも俺の妹あなたの特徴。
本人曰く俺がそうだと言えばそうらしい。よく分からん。
あなた

拓兄、私のオムライス1口いる?

拓也
あ、貰う
あなた

ほれ

拓也
パクッ
拓也
うまっ!
あなた

だろお?

あなた

たまにはカレー以外もいいぞー?

拓也
明日はあなたのおまかせにするよ
あなた

よしきた!がんばる!!

拓也
楽しみにしてるね!