無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

斉藤です。
壮馬side
あなた

壮馬兄ー

壮馬
どした
あなた

暇ああああああああぁぁぁ

そう言いながら手足をバタバタさせるのは僕の妹のあなた。
僕にどうしろと。
壮馬
何する〜?
あなた

る……るびー

そして何故かしりとりが始まる、、が
壮馬
え?えーと、びーなす
あなた

スーパーマン

壮馬
あなた

え?

あなた

あれ?

そう、あなたはしりとりが激弱なんだ
壮馬
弱っ
あなた

ダメだああああああああぁぁぁ

壮馬
散歩でも行く?
あなた

えー今の時期虫いるじゃーん。やだー

あなた

だれかよんでよー。だれでもいーからー

我が妹ながらわがままなこと。
壮馬
みんな仕事じゃないのかなー?
めんどくさいから適当に理由をつけて遠回しに断るが
あなた

ダメもとで!ね?

こう見えて僕は意外とシスコン。可愛くおねだりされたら断れない
壮馬
えー、わかったよー
壮馬
じゃあk
あなた

界人くんはやめてね!

誰でも良くないじゃん、
壮馬
なんで?
あなた

筋トレはじまるもん

それはあっちが勝手に始めるだけだけどね
壮馬
えー、じゃあいなーい
あなた

えー。じゃあ寝る

あなた

おやすみ

壮馬
え、急に?
あなた

Zzzz

壮馬
はや
壮馬
えー、僕もねーよおっと
よいしょっ
眠かったので僕はあなたの上にのしかかって寝た
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
裕一郎
壮馬、忘れ物……
裕一郎
仲よしかよ
パシャッ