無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

two
______ 次の日

学校に行くときはいつも
朝早起きして
お弁当を作ってから向かう。

いつも誰もいない時間に学校に着く。











__________________

今日も誰もいないだろうと思っていたら
私より先に来ている人がいた。
日向 桜智
日向 桜智
白布…
白布 賢二郎
白布 賢二郎
おう、おはよ日向
日向 桜智
日向 桜智
おはよ
彼は 白布 賢二郎(しらぶ けんじろう)。
同じクラスでバレー部の正セッターだ。

私たちのクラスは一応特進クラス。
白布は医学部を目指しているらしい。
日向 桜智
日向 桜智
朝練は?
白布 賢二郎
白布 賢二郎
今日は休み
日向 桜智
日向 桜智
そっか
白布はクールでキツい性格だと思っていた。
でも、本当は話すととても優しくて
素直じゃないけどちゃんと周りを見れる人で
助けてくれる人。

そんな白布は私の親友でもある。
白布 賢二郎
白布 賢二郎
なあ
日向 桜智
日向 桜智
ん?
白布 賢二郎
白布 賢二郎
俺、正セッターとして
認めてもらえるかな。
彼は中学の時の白鳥沢の試合を見て
牛島先輩に憧れて外部受験でここに入ってきた。

3年生には前正セッターの瀬見先輩もいる。

彼には少し荷が重かったのだろうか。
日向 桜智
日向 桜智
認めてくれたから
正セッターになったんでしょうが
白布 賢二郎
白布 賢二郎
え?
日向 桜智
日向 桜智
みんながダメだと思ったら
正セッターにはなれないと思う
白布が努力してたのは私も知ってる
白布 賢二郎
白布 賢二郎
…認めてくれた…のか…
日向 桜智
日向 桜智
だから自信持ちなさいよ!
白布 賢二郎
白布 賢二郎
うん、ありがとう
彼は少しスッキリした顔を見せた。
______プルルルル…

電話が鳴った。
白布 賢二郎
白布 賢二郎
電話
日向 桜智
日向 桜智
あ、うん…
画面を見ると飛雄からだった。
日向 桜智
日向 桜智
もしもし
影山 飛雄
影山 飛雄
桜智、今日空いてる?
日向 桜智
日向 桜智
学校終わってからなら
影山 飛雄
影山 飛雄
ご飯食べに行ってもいいか?
日向 桜智
日向 桜智
え?家に?
影山 飛雄
影山 飛雄
うん
今日親いねえんだよ
日向 桜智
日向 桜智
いいけど…
影山 飛雄
影山 飛雄
じゃ俺部活ないから
学校終わったら白鳥沢まで行くから
日向 桜智
日向 桜智
いや、悪いよ…
影山 飛雄
影山 飛雄
日向が自主練付き合えってうるせえから
逃げたいんだけど
日向 桜智
日向 桜智
したらいいじゃない
影山 飛雄
影山 飛雄
いや、俺の自主練相手は
桜智じゃないと
少し嬉しかった。
こんなにも頼られているなんて思ってなかったから。
日向 桜智
日向 桜智
ん〜…わかったよ
16時に終わるから
影山 飛雄
影山 飛雄
了解
またあとでな
日向 桜智
日向 桜智
うん
こんなのラインで言えばいいのにな…
白布 賢二郎
白布 賢二郎
…幼馴染?
日向 桜智
日向 桜智
え?
白布 賢二郎
白布 賢二郎
結構親しげだなって思って…
日向、あんま男子と話さないのになって
日向 桜智
日向 桜智
あ〜、うん。幼馴染だよ。
苦手、ではないんだけどね
白布 賢二郎
白布 賢二郎
そっか
少し気まずくなってしまった。
今までこんな雰囲気になったことないのに。
白布が悩んでたからってのもあるのかな…?















____________ 放課後
日向 桜智
日向 桜智
じゃあね、白布
白布 賢二郎
白布 賢二郎
うん、また明日
私は急いで校門に向かった。
校門の前には学ランで立つ男の姿。
日向 桜智
日向 桜智
ごめん、飛雄
授業後、分からないとこがあると
友達に言われ勉強を教えていたら
約束の時間から30分過ぎていた。
影山 飛雄
影山 飛雄
別にいい
また勉強教えてたんだろ
日向 桜智
日向 桜智
うん、ごめん
影山 飛雄
影山 飛雄
いいっつってんだろ
日向 桜智
日向 桜智
ありがとう
彼は無表情であんまり話さないけど
本当は優しくて話すと楽しくて
ドジで天然な部分もある。















私はそんな飛雄が、多分好き。












素直じゃないし生意気だけど
バレー愛は誰よりもあるし
辛い時支えてくれたのは飛雄だった。










でも、この想いは伝えないって決めている。
飛雄はバレーが恋人みたいなもんだから
何年彼を想っても私は敵わない気がするんだ。
でも、彼を支えたい。
だから何かあれば飛雄の元に行くって決めてる。
辛いことがあれば一番に彼に話すようにしてる。












日向 桜智
日向 桜智
ねぇ飛雄
影山 飛雄
影山 飛雄
ん?
日向 桜智
日向 桜智
何食べたい?
影山 飛雄
影山 飛雄
なんでもいい
日向 桜智
日向 桜智
それじゃ困るんですけど
影山 飛雄
影山 飛雄
じゃあ…、お前の好きなもの
日向 桜智
日向 桜智
それだったら飛雄の好きなものにしよ?
影山 飛雄
影山 飛雄
どっちでもいいけど
こういう他愛のない話をしている時が
一番楽しかったりする。

一緒に買い物行って
料理も一緒に作る。

その時間が楽しくて仕方がない。

__________________

でも飛雄には、伝えられない。
飛雄が好きだなんて、私は言えない。