無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

アズサの答え
大倉 梓
え?付き合う……?
泉 廉都
はい…。僕ずっと大倉さんのこといいなって思ってて……良ければ付き合ってくれないかなって…
大倉 梓
(ウソでしょ……。こんなあたしが告白されるなんて……。しかもこんなカワイイ男子に……!)
大倉 梓
う〜ん……でもあたし泉くんのこと知らないしなぁ……
泉 廉都
そうですよね……
大倉 梓
でも……これから知ってけばいいし、いいよ!付き合お!
泉 廉都
え…?い、いいんですか!?
大倉 梓
うん!てゆーかその敬語やめてよ〜
泉 廉都
う、うん
大倉 梓
じゃあ付き合うんだし、あたし廉都って呼んでいい?
泉 廉都
あ、どうぞ…!
大倉 梓
じゃあ廉都もあたしのこと梓って呼んでね!“あず”でもいいよ〜
泉 廉都
じゃ、じゃぁ……梓で…
大倉 梓
オッケー!じゃあたし行くね。じゃあね!廉都!
泉 廉都
あ、うん!梓!