無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
102
2021/08/11

第1話

DOLL FRIENDS作成サイト
坂田side
坂田 優
あー…
折角の休日なのにやることなくて気がつけばもう夜になってた。
それもこれも、全て俺に友達がいないせいだろう。

自分で言うのもなんだが、俺は容姿には恵まれていると思う。だから何人もの取り巻きを従えて大学生活を謳歌すると思ってたのに。

さすが都会…田舎モンに容赦ない。来てみると周りは俺なんかよりオシャレなやつばっか。女の子もみんな可愛い。
坂田 優
はぁぁぁ…
あ〜なんかおもろいことおこんないかなぁ。
なんかおもろいことおこんないかなぁ。


淡い期待を胸に、スマホを手に取る。
坂田 優
ん?
少々気になるサイトを見つけた。
DOLLFRIENDS作成サイト…?なんだ?
開いてみると、沢山の人の写真。女の子から男まで。
坂田 優
『折角の休日なのに友達が居なくて寂しい。そんな時はこのDOLLFRIENDSの出番です』ってやかましいわ。
でもおもろそうやなぁ…これで俺も陰キャの仲間いりかぁ!
坂田 優
お!自分で好みを選択出来んの!?
FRIENDSてことは友達やんな?じゃあ…こんな友達いたらええなってつくろ!
坂田 優
目は切れ長で、鼻高くてすらっとしてて〜肌は…白いのがええな!で、運動も勉強もなんでも出来る!髪の色…やっぱり陽キャといえば金髪やろ!!!!ここでちょっと笑い欲しいから…右だけ横髪長くしよ!
よし!こんなもんかな。
坂田 優
おぉ我ながら上出来や。
早速作成!…ん?
⚠注意
このDOLLFRIENDSはあなたの友達になるもので、恋愛対象にはなりません。
また、マスター(DOLLFRIENDS使用者の名称)が教えない限り、このDOLLFRIENDSは善悪の区別がつきません。DOLLFRIENDSが何が犯罪をおかしても、我々は責任を負いません。
DOLLFRIENDSは感情がありません。それも、マスターが教えなければ何も感じないままです。
坂田 優
恋愛対象にはならへんけど…善悪と感情な。了解。
作成っと。
ご注文ありがとうございます。
明日の朝、お届けに参ります。
坂田 優
明日かぁ。どんなのが届くんやろうなぁ。
ワクワクしながら、俺は眠りについた。