無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

73
2021/08/12

第3話

互いの目標
坂田side
ふぁ…疲れたぁ。
坂田 優
ただいまぁ。
薄暗い廊下を進んでドアを開ける。
坂田 優
センラ〜ってええ!?
なんで…こんな色々ちらかってんだ…!?
センラ
…おかえり。
坂田 優
センラ!なにがあったん!?
センラ
知らん人…来て、散らかしてった。
俺が、声、かけたら、でてった。
坂田 優
それ空き巣やん!!!!かー鍵閉めとけばよかったぁぁぁ!!!!
センラ
あのさ、それって、なんか、悪い、ことなん?
坂田 優
悪いことやよ!!!!
センラ
なんで?
坂田 優
あー善悪の区別つかへんやったな…
あのなセンラ。他人の家に勝手に上がり込んで、こうやって散らかすのは"空き巣"言うて、犯罪なんよ。
センラ
そうなん?
坂田 優
そう。やから、センラもやっちゃいけへんからな。
センラ
わかった。
坂田 優
えぇ…お、なんも取られてへんな。よしよし。なら被害届は出さんくてええなぁ。
センラ
坂田、大変?
坂田 優
まぁ…片付けは大変やけどね。センラ手伝って?
センラ
うん。
坂田 優
はぁ…ああ!!!!花瓶割れてる!!!!
センラ
俺、かたす。
と言いながら花瓶の欠片を握りしめるセンラ。
坂田 優
わぁぁぁセンラ!!!!普通それは握んない!
センラ
別に、痛ないで?
坂田 優
でもダメ!!!!
センラ
そぉかえ?
坂田 優
そぉかえ!
坂田 優
あーあー血ぃ出ちゃって…もぅ!
センラ
坂田怒ってる?
坂田 優
怒っとらん!
センラ
ほんま?どなっとるよ?
坂田 優
怒鳴ってても怒っとらんもんは怒っとらん!
センラ
そうかえ?
坂田 優
そうかえ!
同じやり取りを繰り返し、俺はぷッ、と吹き出した。
センラ
何?それ。
坂田 優
え?
センラ
ぷッて。吹き出したの。
坂田 優
面白くてさ。センラとのやり取り。
センラ
おも…しろい?
坂田 優
そ。なんかこう…目の前がぱっと明るくなる感じ?
センラ
わからん。俺。
坂田 優
ん〜まぁ面白いも、一種の感情、よ。
センラ
感情…?俺も感情なら1個知っとるで。
坂田 優
何?
センラ
誰かを好きになるってこと。
あ、愛するって事じゃなくて、普通に友情みたいな感じ。
坂田 優
俺の事は?一応友達やけど?
センラ
えぇ。俺わからん。坂田のこと知らんもん。
坂田 優
えぇ。じゃあ、俺はセンラとの友達生活で、お前の笑顔見れるの目標にするな。
センラ
じゃあ俺、坂田の事好きになれるよう頑張る。
坂田 優
じゃ、お互い頑張ろう。
センラ
うん。