無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

イルボン旅行『3日目』🔞🔞
その男の人は、ユンギが寝てるのを確かめてるようだった



そして、私の手を握った
あなた

え、、




もしかして、、、、痴漢?、





私は、怖くなって助けを求められなかった


︎︎
はぁ、、はぁ、、

男の人の息が荒くなる













男の人の手がわたしの股を
あなた

ひっ、



何度も何度も撫でてきた




あなた

☁怖い、、よぉ




すると、手がズボンの中に入ってきて



ショーツの上から私の秘部をなぞった
あなた

んん、

︎︎
っは、、、、
あなた

やめて、、

︎︎
はぁっ、、







生理的に涙が出てきた







ショーツの隙間から、男の人の指が秘部に触れた







すると、男の人が、




︎︎
ハッ、
あなた

??、



男の人が、私から視線をずらした







視線の先には、










ユンギが、
︎︎
ちっ、、
ユンギ
ユンギ
ねぇ、俺の女に何してんの?
︎︎
、、




ズボンから男の人の手が出てきた





その手は

生理の血で赤く染まっていた





︎︎
生理ッ?!
ユンギ
ユンギ
は?、
なんであなたのズボンの中からお前の汚い手が出てくんの?
︎︎
、、、、
ユンギ
ユンギ
しかも、なんで生理の血まで付いてんの?、



ダッ、



男の人が逃げようとした







が、、、





















ユンギがその男の腕をガシッと掴んだ






ユンギ
ユンギ
痴漢してバレたから逃げようなんて、、
お前マジ意味わかんない
ユンギ
ユンギ
ちゃんとけーさつしょまで着いてくるよね?
︎︎
くそっ、、
あなた

ユンギ、、ありがとっ…

ユンギ
ユンギ
、、、、












その後、けーさつしょでは
けーさつ
何の用ですか?
ユンギ
ユンギ
この男、俺の妻に痴漢しました
けーさつ
え、ほんとですか?
ユンギ
ユンギ
だから、この男預かってもらおうと思ったんですが、
けーさつ
なんであなたが?っ
ユンギ
ユンギ








︎︎
けーさつ
この男、私の上司です
けーさつなんです
ユンギ
ユンギ
は?
あなた

☁けーさつなの?、

けーさつ
なんでこんなことを、?
︎︎
ちっ、
ユンギ
ユンギ
お前、けーさつなの?、
︎︎
だったら悪いかよ、、
ユンギ
ユンギ
けーさつなのに痴漢なんて、、、




︎︎




ユンギ
ユンギ
ばっっっかじゃねーの?、
︎︎
、、、、
ユンギ
ユンギ
まー、あとはよろしくです
けーさつ
はい!
ユンギ
ユンギ
あなた、行こ
あなた

、、うん