無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

イルボン旅行『3日目』🔞🔞
旅館に帰った




ユンギ
ユンギ
あなた、へーき?
あなた

うん、、何とか、









ドサッ



ユンギに押し倒された
あなた

、、、












︎︎
ユンギ
ユンギ
何俺以外のやつに襲われてんだよ、
俺以外に襲われんじゃねぇよ、
あなた

っ、、、、

ユンギ
ユンギ
消毒してやる、
もう二度と俺以外の男に抱かれんじゃねぇよ
あなた

、、、、消毒って、、?

︎︎






ユンギ
ユンギ
ごめんけど、襲うね
あなた

だめっ!
血、付いちゃう、!

ユンギ
ユンギ
分かってる、、
ユンギ
ユンギ
俺、気が気じゃないんだよ、
あなた

っ、

ユンギ
ユンギ
大事な人襲われて、正気な奴の方がおかしくない?、
ユンギ
ユンギ
ほんとにごめん、、、








ユンギが優しくキスしてくれた










あなた

分かった、、

ユンギ
ユンギ
ありがと、





もう一度キスされた








今度のは舌が入ってきて激しいキス







口の中を犯されて、顔がとろけてきた
あなた

ん、、ぁ…




唇が離れた



すると、ユンギの熱い舌が首筋をなぞった



あなた

ひゃあ、、っ



チュッ




そして、ひとつキスマを付けた





ユンギ
ユンギ
隙がありすぎるんだよっ、









一瞬にして、服が捲りあげられて



捲りあげられた勢いでブラもずれた







あなた

っ、、

ユンギ
ユンギ
えろ、
あなた

やめ、、て

ユンギ
ユンギ
止める訳ない