無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

イルボン旅行『最終日』
そろそろ韓国の空港に着く頃









ユンギ
ユンギ
あなた、起きて
あなた

ん、着いた?、

ユンギ
ユンギ
着きそう
あなた

起きる、、









一般の人と別のルートで空港を出た












私たちの家まで歩いていくことに





ユンギ
ユンギ
あなた、サイン会の時もこんな感じで歩いていったの?
あなた

そうだよ〜

ユンギ
ユンギ
大変じゃなかった?
あなた

息切れながら歩いてたㅋ

ユンギ
ユンギ
ㅋㅋ








︎︎
あなた

旅行、楽しかったね

ユンギ
ユンギ
うん
あなた

うどんも美味しかったし、
沖縄行けたし

あなた

大満足!

ユンギ
ユンギ
俺も!












アイドルということを忘れて










普通の夫婦をしているときが










1番楽しかったのかもしれない
















家に到着





夜も遅かったので、すぐにベッドへ






ユンギ
ユンギ
おやすみ
あなた

おやすみー






アイドルとメイクさんとしての仕事が始まる











明日も頑張ろ









イルボン旅行 end