無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

イルボン旅行『最終日』


もう、日が沈もうとしていたとき







ユンギ
ユンギ
そろそろ空港に行かなきゃ、
あなた

うん




名残惜しいけど、仕事があるから帰らなきゃ











ジョングギ達も帰ったと思うし、















旅館に帰って荷物をまとめて空港へ












飛行機は1番最後の便







1番人数も少ないと思うし一般の便に乗ることに










ユンギ
ユンギ
人、少ないね
あなた

うん、10人ぐらいしかいないね

ユンギ
ユンギ
周り誰もいない
あなた

ね (´-ω-`)))コックリコックリ

ユンギ
ユンギ
あなた、眠たそ
あなた

眠たい

ユンギ
ユンギ
肩、貸そうか?
あなた

助かる

あなた

ありがと








ユンギの肩に頭を乗せた









安心しきってしまってすぐに寝てしまった


















ユンギside









あなた、寝ちゃった











あなたが俺のそばに居てくれて










本当に幸せ











いつもありがとう、あなた










愛してる









このユンギ、彼氏感ありすぎて好き