無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

イルボン旅行『1日目』🔞
押し倒された
あなた

こんな事するって言ったの??

ユンギ
ユンギ
言った
ユンギ
ユンギ
覚えとけ
まで言った
あなた

まじか、、、、

︎︎






ユンギ
ユンギ
だから、有言実行ということで
襲いますね
あなた

ん、




頬、おでこ、鼻 etc..



色んなところにキスを落としてくる
あなた

ふぁ、

ユンギ
ユンギ
、、


仕上げというかのように、


唇に深いキスを
あなた

ん、、ぅ

ユンギ
ユンギ
ん、

長い間舌が絡み合い、息が出来なくて苦しい



あなた

ユン、、ギっ、

あなた

苦し、、、ぃ

ユンギ
ユンギ
ごめん
ユンギ
ユンギ
はぁ、


















ユンギがズボンをずらして、


自分のものを出した
ユンギ
ユンギ
入れてもいい?
あなた

濡れてないのにっ、絶対入んない

ユンギ
ユンギ
服着崩して髪濡れてるあなた見て
ユンギ
ユンギ
我慢なんて出来るはずないだろ?
あなた

ッッ…









︎︎



ぎゅっ
ユンギ
ユンギ
、、、、
あなた

ユンギ、、?



ユンギに抱きしめられた



ユンギのがお腹に当たっている
ユンギ
ユンギ
無理やりでも入れる
あなた

っ、、あ




抱きしめられた状態で



秘部にユンギの指が入った
ユンギ
ユンギ
濡れてないとか言ってたくせに、、
ぐちょぐちょ…
あなた

やめ、、、て…

ユンギ
ユンギ
止めない


すると、私の中でもっと暴れだした
あなた

あ、、ん

ユンギ
ユンギ
気持ちよくなれば入るんだろ?
あなた

ぁ、、あん




水音が部屋に響く

















イきそうになると動きを止め、


しばらくすると、また動き始める










それを何度も何度も繰り返された
あなた

はぁ、、ぁ

ユンギ
ユンギ
限界?、
あなた

もぅ、、むり

ユンギ
ユンギ
あなた、可愛すぎ
何度も何度もイきそうになってた
ユンギ
ユンギ
もっといじめたくなる
あなた

なん、で?

︎︎














ユンギ
ユンギ
覚えとけって言ったのに覚えてなかったこと
ユンギ
ユンギ
お風呂上がるの遅すぎ
ユンギ
ユンギ
何より、お前を見る男の目がイラついた
あなた

っ、

ユンギ
ユンギ
てことで入れる








急に布団に押し倒された













ズンッ


ユンギのは一気に奥を突きあげた
あなた

んぐっ、、



無理やり入れられ、

勢いで奥を突かれてとても痛かった












それでも、快感は止まらない
ユンギ
ユンギ
っ、、
あなた

痛ぃ…

ユンギ
ユンギ
はぁ…っ
ユンギ
ユンギ
ッ、、、ん
あなた

あぁ、、ひゃ



激しく動く腰





相当イラついていることが分かった






















絶頂はすぐそこだった
あなた

イっちゃ、、、ぅ

ユンギ
ユンギ
イかせない



腰の動きが止まる
ユンギ
ユンギ
二度とこんな乱暴な行為はしない
あなた

ぇ、

ユンギ
ユンギ
多分
ユンギ
ユンギ
今日は、無理やりイかせてやる
ユンギ
ユンギ
何回でも
あなた

やぁ、、





腰の振りが始まる















肌が当たる時でもさえ、痛かった
あなた

あぁっ!ん

ユンギ
ユンギ
ぁ、、




ユンギも快感には勝てない様子で、


歯を食いしばっていた
ユンギ
ユンギ
ん、ぁっ
あなた

イく、、

ユンギ
ユンギ
イけよっ
あなた

ユンギぃっ



わたしは果ててしまった
ユンギ
ユンギ
まだ動くよ?
あなた

んぁ






腰の振りは激しいまま
あなた

だめ、、ぁ

ユンギ
ユンギ
俺、イってない


すると、ラストスパートをかけるように


もっと早くなった
あなた

ああ!、、んぁぁ

ユンギ
ユンギ
っあ、




私の体にユンギの欲が飛び散った
あなた

はぁ、、っは

ユンギ
ユンギ
綺麗にするから、




ユンギは、私の体に付いた自分の欲を


拭き取るように舌で舐めた
あなた

っ、、ん



ッ…



と体に沿わされる
ユンギ
ユンギ
これで綺麗かな、
 









快感を必死に耐えていると、

体に付いたものが無くなっていた
あなた

ありがと、、、、

ユンギ
ユンギ
第2ラウンドいくでしよ?
あなた

ユンギ
ユンギ
いかないの?
あなた

え、

ユンギ
ユンギ
無理やり犯す
あなた

ちょ















それからも何度も抱かれ、


何度も何度も絶頂をむかえた










行為が終了した
ユンギ
ユンギ
無理やり抱いてごめん
あなた

、、

ユンギ
ユンギ
あとの夜は抱かないから、
あなた

ん、、




そっとキスをされ眠りについた