無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4.全校集会
殺せんせー
殺せんせー
にゅや、皆さん、
次は全校集会です!
殺せんせーはそう言うと
どっか行った←
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
(全校集会………A組も……いる………)
僕はちょっとした不安を
抱えながらも全校集会に行く
準備をした
―――――――――――――――――――――
磯貝悠馬
磯貝悠馬
みんな急げー!
遅れるとまた嫌がらせされるぞー!
不破優月
不破優月
わかってるよ〜
………やっぱり差別されすぎでしょここ
登校した時も思ったけど………
山…………きつい…………
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
はぁ…………はぁ……………
やばい………僕めっちゃ遅れてる…………
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
(足が痛い…………)
そんなことをおもってると……
潮田渚
潮田渚
あなたさん、大丈夫?
僕と一緒に行こう?
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
え……………
私がばててるのを見たのか
潮田くんが手を差し伸べてきた
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
いや………僕のことはほっといて……
先行ってていいですよ……
潮田渚
潮田渚
いやいや、すごく疲れてそうだし
一緒に行こうよ
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
…………ありがとう…ございます……
そして僕は潮田君と一緒に
みんなの集まる場所に着いた
潮田渚
潮田渚
お疲れ様〜
大丈夫?
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
大丈夫です……………
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
僕なんかほっといて良かったんですよ…?
潮田渚
潮田渚
そんな事しないよ!
あなたさんはもう仲間だし
ほっとけないよ
やだこの子いい子←
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
…………優しいんだね……
潮田くんは
潮田渚
潮田渚
渚でいいよ
敬語も外していいよ
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
わかり………わかった……
そんなことを話していると
茅野カエデ
茅野カエデ
2人とも静かに!
先生来たよ……
コソッと教えてくれた
そして長い長い集会が終わって
茅野カエデ
茅野カエデ
はぁ……相変わらず話長いから集会苦手〜
倉橋陽菜乃
倉橋陽菜乃
ほんとほんと〜
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
(集会中、ずっと僕達笑われてたな…)
モブ
モブ
ねぇねぇあなたちゃーん
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
ビクッ
モブ
モブ
ちょっとこっち来てお話しよーよ♪
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
ぁ………………
A組の人だ
怖くて声が出ない…………!
モブ
モブ
はーやくー!
グイッ
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
わっ…………
グズグズしてたら腕を強引に引っ張られた
茅野カエデ
茅野カエデ
あれ?あなたちゃんは?
不破優月
不破優月
先行ったのかな?
岡野ひなた
岡野ひなた
分からない……とりあえず戻ろ
僕は人目のつかない場所に連れてこられた
モブ
モブ
私らさーサンドバックがいなくなって
暇してたんだー
モブ
モブ
だからこうやって
時々でいいから
私らのサンドバックになってよ
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
い…………いや…………です……………
モブ
モブ
はぁ?さからってんじゃないわよ
ドカッ
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
ゲホッ
モブ
モブ
あんたみたいな人外は
大人しく言うことを聞いてればいいの〜
人外
何度よう呼ばれただろうか
目が赤いだけでもはや僕は人間とは思われてない
なんで…………こんな目に……………
数分後
僕はこの数分の間で多分100回以上は
殴られたと思う
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
ウッ……ゲホッゴホッ………
僕は沢山怪我のある体で山を登った
赤羽(なまえ)
赤羽あなた
はぁ……はぁ………ウッ………
ダメだ………意識が…………遠のいて……………
バタッ