無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

嫉妬
翌日学校
モブ女💜
ねぇ君昨日いたこ?
宮○○
そうですけど
モブ女💜
よくもまぁ先輩にあんな事が言えたわな
宮○○
知らないんですか?
宮○○
ツム兄のサーブの時は静かにせなあかんのん
モブ女💜
そんなん知らんわようあるやんサーブの時なんかゆーやつ
モブ女💜
後何ツム兄ってそんに馴れ馴れしく呼ぶんじゃねーよ
宮○○
何で?お兄ちゃんやのに?
モブ女💜
は?
宮○○
うちの名前宮あなたや
モブ女💜
知らんし
モブ女💜
バチー
あなたは殴られそうになった時
何しとんの?
モブ女💜
えっ?
だから何おてるんっつってんねん
モブ女💜
虫が着いてたから取っててあげようとおもてん
そんなわけないやろ
宮○○
ガタガタガタ
いけるか?
ギュ
ほら虫取ろうとしてこんなに震えるか?
ほんまいつもうっさいねん練習中も北さんとか最後の試合やから集中したいねんわかるか?
行くであなた
トコトコトコ