無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

この喧し豚
尾白アラン
侑ないッサー
トン  トン  シュッ   バーン
モブ女💜
そー
宮○○
ねぇそこのお姉さん?
モブ女❤︎
何あんた?
宮○○
うちのお兄ちゃんのサーブの邪魔せんといてくれます?
モブ女💜
なっ、生意気な
宮○○
は?あっちは全国かけて集中しとんねんお前みたいな喧し豚おったら耳が潰れるわ、あと恥ずかしくないんですか?静かなコートの中に響き渡るその腐った声
宮○○
じゃあ次は邪魔せんといてください
モブ女❤︎
なんなのよ
尾白アラン
背中が寒いで北
宮○○
(頑張って)
結果優勝
宮○○
やった