無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話
家到着
宮○○
今日のご飯は何がいい?
オムライス
チャーハン
宮○○
生姜焼き
それやな
うんそれや
宮○○
あなたのんでいいの?
良いよ!
作るで
宮○○
うん!!
お風呂も終わり
宮○○
いただきます
いただきます
いただきます
宮○○
美味しぃ
美味いな
美味しっ
ほんでなんで髪の毛切られたん?
宮○○
なんかお兄ちゃん達と仲良すぎって釣り合ってないとか可愛くないのにって感じでお兄ちゃんと仲良がいいのが気に食わなかったみたい
俺らのせいやなごめんな
宮○○
そんなん別に気にしてないから
ほんまごめん
宮○○
大丈夫だって
でも油断したアカンで
せやせや次なんかあったら兄ちゃんたち許せへんで
宮○○
あっそうそう今日塔の上の○プンツェルするで一緒に見よ
見る!
俺も!
終盤
うっわ  キッスしたで今
おえぇ
宮○○
カァ///
なんでそんな顔赤いん?
宮○○
普通照れるやろ
キモくない?
キモイやろあんなにチュッチュしてんのに
宮○○
へぇ〜ツム兄とサム兄キスした事ないんやな
そら無いわ彼女作って何すんねん
せやせや彼女なんて作っても意味ない
宮○○
はぁ〜
宮○○
眠たい寝よ
俺も
俺も
俺今日あなたの部屋お泊まり
俺も
宮○○
来るんやったらはよ来てな
ラジャ
ラジャ
お邪魔しマース
お邪魔しマース
俺あなたの右側
俺は左側
宮○○
電気消すね
ポチッ
宮○○
(寝返り打たれへんやん)
宮○○
(って言うかもう二人とも寝返りうってるしかもあなた方面にね二人のかおが)
(ギュッ)
(ギュッ)
宮○○
え?
宮○○
カァ///
宮○○
(もうはよ寝よ)