無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,383
2021/02/22

第16話

14話
あのつんつん頭の人の声、、
ここに何しに来たの?
あなた

な、なんですか、、

爆豪勝己
てめぇ雄英に何しに来た
あなた

あの、それが、、わかんなくて、

爆豪勝己
んぁぁ!?なんて言ってんのかわかんねぇよ!はっきり喋ろや!
あなた

分からないんですっ!、!、

爆豪勝己
わかんねぇ、、ふざけんな!?てめぇ何隠してやがる
あなた

それは、その、、言えないです、、。

爆豪勝己
あのクソデクには言えて俺には言えねぇってか?
あなた

そ、そうじゃないですっ!誰にも言えないです、、。絶対絶対っ言えないです!

はぁーっとその人はため息を着くと近くに来てさっきの言い方とは違う落ち着いたトーンで言ってきた。
爆豪勝己
てめぇ個性は、?
あなた

言えません、、。

爆豪勝己
どっから来た
あなた

それも、、言えません、、。

爆豪勝己
いいか、俺はお前が気に食わねぇ。突然現れやがって試験も受けずに雄英に入ってきたこと。クソナードと仲がいいこと。俺らになんにも教えないこと。俺はお前をすんなり受け入れられるほどお人好しじゃねぇ。だから俺と戦え。
あなた

戦う、、?!

爆豪勝己
怪我したくなきゃ個性使って戦いやがれ。俺は遠慮はしない。お前が弱ければ俺は絶対に認めない。
あなた

まって、!ここは後者の中、、やるなら外でしませんか、、

爆豪勝己
体育館までこい、
あなた

はい、、。

どうしよう。了承はしたもののここで戦ったら個性がバレる可能性がある。しかもまだ相澤先生に改良してもらった手袋は貰ってない、、。制限も出来ないでこのままあのツンツンの人を傷つけてしまったら、、、。何かいい方法はない、、?考えろ!でもここで戦わなければあの人はきっと暴走すると思う(想像だけど、)でもやるしかないんだよね、。とにかく個性を出来るだけ使わないように手を守らないと。誤って個性が出たら困る、、、