無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

27
2021/03/23

第5話

助ける勇気
響川アロン
響川アロン
死ぬんはやめてほしい、悲しいし寂しいから。
失うのは怖い、簡単に手から滑り落ちてまうから。
でも、助けるのはそれより怖い。次は自分がその的になるから。
でも、それでも助けたくなるんだから、ひとつもこぼしたくないから、だから勇気を出す。
お願いだから、死なないで。
響川アロン
響川アロン
いきなりの暗い話と意味不明な発言ごめんなさい、これは僕が自殺やいじめなどをされた後の今だから言えることです。
どうか、死を選択することはやめてほしいです。
響川アロン
響川アロン
僕はいじめの影響で人をあまり信じられなくなりました、人間不信ってやつですね。
軽い症状ですが、とても直したいです。だって、仲のいい友達も怖く感じたりしてしまうんですから。
いきなり死にたくなることもあります、本当に早く直したいです。
響川アロン
響川アロン
今回はこれだけです、暗い話と意味不明な発言、いきなり本当にすみませんでした
響川アロン
響川アロン
この話は近いうちに消すと思います。
では、乙アロ。