無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

贅沢すぎる幸せを
ガチャッ
志麻
志麻
んじゃ、入って
あなた
あなた
うん!
お邪魔しまーす
志麻
志麻
ほーい お邪魔されまーす
あなた
あなた
はーい
お邪魔なら帰りまーす
志麻
志麻
え、待って待って?!
あなた
あなた
嘘だよ ふふッ
志麻
志麻
意地悪~・・・!
むーっと頬を膨らます志麻くん。
そんなに可愛い顔されたって怖くないよ...なんて。言ってしまっては本気で怒りかねないかもしれないので止めておいた。
ただ、学校と違って、目の前の人のことだけを考えていい時間だなんてとても贅沢すぎて、幸せすぎて、今なら何をされても許せて仕舞いそうになるほどである。
志麻
志麻
どしたん?口許が緩んでんで?
幸せな時間に当てられて、にへーっとしていたらそんなことを言われてしまった。
あなた
あなた
ふへっ?!
あ、私...変な表情カオしてた...?
志麻
志麻
いいや。
あなた
あなた
よ、よかったぁ
志麻
志麻
むしろ...
あなた
あなた
・・・?『むしろ』?
私が小首を傾げると、志麻くんがずいッと顔を寄せてきた。





志麻
志麻
すっごい可愛い顔してた
志麻くんの人差し指で頬をぷにっと押された。
あなた
あなた
っ?!
瞬間、顔が赤くなる。今日は何度、顔を紅潮させればよいのだろうと、少し自分に呆れたが、そのような状況ではないことは確かである。
私のそんな様子を見て、フッと笑う志麻くん。そんな彼の周りがキラキラと暖色に光って見えた。
あなた
あなた
(あぁ. . .私、やっぱり. . . )
あなた
あなた
志麻くん
志麻
志麻
ん?
あなた
あなた
愛してる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆらら
ゆらら
              
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る